2021年4月21日 (水)

キ201「火龍」

キ201火龍

キ201「火龍」(かりゅう)は日本陸軍が開発・試作が行われた
ジェット戦闘襲撃機である。海軍のジェット特殊攻撃機「橘花」と
異なり、機体デザインは中島飛行機が担当し、Me262を参考に
三角形の胴体断面を採用したがMe262よりさらに一回り大きい。
  
「火龍」のエンジンは静止推力908kgの石川島飛行機製作所
(のちの石川島播磨重工、現IHI)ネ130を二基搭載し
最高速度は852km/hで航続距離は、980km(なおMe262は最高
速度869km/hと殆ど同速度、航続距離は1,050kmである)
 
武装は ホ5機関砲20mm二門とホ155-Ⅱ機関砲30mmを二門の
合計四門であった。全備重量は7,000kgで実用上昇限度は
12,000メートルであり、大口径の火力を用いてB-29を撃破する
目的が主となる運用計画とした。
 
試作機1号機は昭和20年12月に完成予定で群馬県の中島飛行機
太田製作所で制作が進められていたが、完成の雄姿を拝む事なく
終戦を迎えた。

2021年4月 5日 (月)

ゾンダーコマンド・エルベ

ゾンダーコマンド・エルベ

ゾンダーコマンド・エルベは、ベルリン空襲に飛来する連合国の
重爆撃機に対しダイツ空軍が編成した、空対空の体当たり部隊である。
 
エルベ特別攻撃隊、エルベ特攻隊とも呼称され、パイロットは衝突の直前に
脱出して生還することが可能とされていたが、それでも隊員のうち90%ほどが
戦死するだろうと予想されていた。
 
機体にBf109が選ばれた経緯として比較的長いエンジン部が衝突時の衝撃を
多少なりとも受け止め、パイロットの生存率をわずかに高め、また断面積が
小さく鋭い機体の形状が敵爆撃機により大きな打撃を与えうると考えられた
為である。

2021年4月 3日 (土)

ドイツ空軍 ハインケルHe-111 日本へ供与の頓挫

He111x

陸軍が旧式化した九三式重爆の後継機としてドイツ空軍に供与を求めた機体。
当初は良好な関係で供与に対する協議が進められていた。
しかし、このHe-111が案外と高性能ということが判明するにつれて、
ドイツは日本側に供与するのが惜しくなったので、一転して供与反対の立場に
交渉が翻ってしまった。
 
美しい流線形のHe-111が(おそらく日本名も検討されていたことであろう)
日の丸を描いて飛ぶことは叶わなかった。
  
陸軍はテクノロジーとしてはHe-111と比較して劣るものの、
万が一の複案として検討していたイタリア空軍の
フィアットBR.20重爆機(日本名、イ式重爆)の調達を実施した。
 
日独伊三国同盟が締結する以前のエピソードであるが、三国の関係は
極めて良好であった。

クラウドファンディング実施中!
『戦鳥』第二版/補足増強版、出版にご支援をお願いいたします!

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa98