2016年8月25日 (木)

エヴァ500系新幹線

Imgp1593

新大阪からEVA500系「こだま」号に乗り換え岡山へやってきました。
車内は夏休み最後のちびっ子でいっぱい。我々大きいお友達は自粛します。
 
運行スケジュール上は「こだま号」なので、
たまたま乗り合わせたお客さんは面食らっていました。
 
新大阪~博多間を一日一往復しております。
運行スケジュールは専用サイトからご覧になれます。
http://www.500type-eva.jp/entry/timetable.html

Imgp1590

Imgp1563

Imgp1561

Imgp1563_2

Imgp1583

Imgp1566

Imgp1620

Imgp1637

Imgp1642

Imgp1630

Imgp1633

Imgp1631

Imgp1676

Imgp1640

Imgp1666

Imgp1669

Imgp1670

Imgp1650

Imgp1644

Imgp1652

Imgp1663

Imgp1654

Imgp1684

Imgp1664

Imgp1655

Imgp1690

Imgp1667

Imgp1656

Imgp1679

Imgp1660

Imgp1646

Imgp1672

Imgp1692

Imgp1559

2016年8月23日 (火)

零戦パイロットが語る空母「翔鶴」への着艦・発艦方法

「翔鶴」「隼鷹」で、航空母艦の零戦パイロットを経験された
増山保雄氏(元海軍大尉。大正10年生まれの95歳)に
航空母艦への着艦・発艦手順についてインタビューした一部を紹介します。
 
増山氏は「隼鷹」でろ号作戦に、「翔鶴」でマリアナ沖海戦に参加された
零戦パイロットのお一人です。マリアナ沖海戦では
翔鶴の上空直掩を行いましたが翔鶴は沈没。救助され生還しました。
 
お話しくださった全容は
『帝国陸海軍航空戦史』(仮)に収録予定です。
 

零戦パイロットが語る航空母艦「翔鶴」への着艦・発艦方法
YouTube: 零戦パイロットが語る航空母艦「翔鶴」への着艦・発艦方法

2016年8月20日 (土)

ついに発売になりました

515lbd59zql_sx353_bo1204203200_

 
ついに発売になりました。
『語りつぐ戦争 とちぎ戦後70年』
 
お近くの書店の目立つところに置いてあります。
私の記事は合計4ページにわたって載せて頂きました。
本の内容は、実際に出征された方の戦争証言をメインに、銃後の暮らし、
そして現代で語り継ぐ活動に携わる方の思いを集めたものです。
 
第21回平和・協同ジャーナリスト基金賞」奨励賞受賞。
日本全国で大変評価された企画です。

2016年8月19日 (金)

テープ起こし(2)

テープ起こしについてヤホーで調べて、勉強しています。
なるほど、USB接続のフットスイッチというのがあるようです。
ペダルで音声データのストップ&ゴーができる、両手はタイピングに
集中できるという訳です。
さっそくこれを買って試してみよう。
うまくやればお絵かきにも応用できるかもしれない。 
 

812mujagpxl_sl1500_

単語も登録数を多くしていくと効率が上がります。
これは逐次進めております。
 
いちこうかん→一航艦
いっぴそう→一飛曹
かんばく→艦爆 
 
などなど、専門用語はもともとパソコンに登録されていないワードが多いので
その都度、言語バーから「単語の追加」を選択し、面倒でも登録して
パソコン様に覚えてもらっています。パソコン様は優秀なので
一度覚えたことは忘れない。
 

F

 
パソコンは覚える事が尽きません。

2016年8月18日 (木)

空母「翔鶴」の零戦パイロット

今回は、前回の「瑞鶴(ずいかく)」に引き続き
空母「翔鶴(しょうかく)」の零戦パイロットだった方の取材です。
 
空母への着艦訓練は
非常に厳しいもので、着艦訓練を10日間連続で行うのですが
そのうちの一割は着艦に失敗して殉職すると言っても言い過ぎではないそうです。
戦死より事故が多かった。そうして残った搭乗員が出撃していくわけなのです。
ですから「瑞鶴」のときも書きましたが、マリアナ沖海戦の搭乗員が
練度不足などというのはデタラメなのです。
 
翔鶴はマリアナ沖海戦で沈みましたが、生き残った搭乗員は
次の空母へ乗り込むべく、機会を待っていました。
そんな虎の子の航空母艦搭乗員さえ、特攻を命じられます。
 
そこで、この分隊長であった大尉は
真っ先に自分の名前を編成表に書き、部下を連ね、参謀に
提出するのですが、
実際に受けた特攻命令では、自分だけがはずされ
部下だけが特攻に行くという事態になりました。
 
「なんでえらい奴が特攻行かないんだ!」と戦後批判を受けることも
ありましたが、実際はこういった事例も多くあったことを
知っておいてほしいものです。
 
この内容も『帝国陸海軍航空戦史』(仮)に収録予定です。

2016年8月16日 (火)

テープ起こし

ブログがなかなか更新できず、すみません。
 
零戦パイロットの方に
インタビューした内容は全てレコーダーで録音して
文字に起こします。これがなかなか大変で、
2時間の内容であれば、その3、4倍の6~8時間かかります。 
読みやすいよう編集(といっても話の内容が変わらないように
努めます)作業や、時代考察、調査を含むとさらに時間がかかります。
現在のところ、これがもっとも負担の大きな作業です。
 
このテープ起こしは
専門の業者さんがあって、安価にできるそうなのですが
それはやはり、失礼でもありますし、内容が理解不足となります。
 
やはり、元パイロットの方が、私のだけのために渾身となって
話してくださった事ですから、より深く理解するため、
自分自身でやるようにしています。

2016年8月 9日 (火)

パラオの電話帳に記載された人名が興味深い

Imgp1480

 
パラオの電話帳が手元に一冊あると便利だからと
仲間にお願いしたら、現地で貰ってきてくれました。
 
これで一冊でパラオ全国民の電話番号と住所を網羅しています。
パラオの人口は1万強ですから、これ一冊で足りるのです。
 

Imgp1482_2

パラオは海の国なので、満潮干潮の時刻と、月齢が書かれています。
お月様はパラオ国旗にも描かれている通り、パラオの人々にとって、
特別な存在で、信仰の対象ですので、とても重要視される訳です。
 
そして、何といっても興味深いのが人名です。
日本時代の名残で、日本由来の人名が多いです。

A4全てファーストネーム(名前)です。
サトーさん、タナカさん、サクライさん、ナカムラさん、ヤマモトさんなど、
親しかった日本人から取ってつけたのがはじまりだと云われています。

A4xイチローさん、ジローさん、サブローさん、シローさん、

A4f_2イシドーローさん(石灯籠の意)、キンタローさん、など。
 
ほんの一部を紹介しました。これだけでも、日本人との繋がりの深さが
理解できると思います。日本人とパラオ人は80年前から本当に
仲が良かったんですね

2016年8月 6日 (土)

大洗視察

Imgp14592

大人気アニメ映画「ガールズ&パンツァー」の影響で
茨城県大洗町がたいへん賑わっていると聞き、
早速、大洗へ視察へ参りました。
 

アニメ映画で使用された風景が大洗町のあちこちにあるとのことです。
今回は大洗マリンタワーへ。
 

Imgp1465

Imgp1457

Photo

 
昔からある観光名所ですが、このたび大洗マリンタワーの2階が

「ガルパン」カフェとしてオープンし、平日の昼間にもかかわらず、
大盛況でございました。
店内の様子はあまりに混雑ぶりに撮影を
戸惑ってしまいましたので
1階だけでもアップします。
エレベーター前にあんこうさんチームの等身大パネルが迎えます。
 
マリンタワーの2階とはいっても、最上階の展望台すぐ下です。
通常の2階の感覚で行ってしまったら、驚きました。
最上階の展望台は有料ですが、ガルパンカフェの利用者は
2階までは無料です。

Imgp1456_2

こちらは大洗のアウトレット。アニメの中でも使われているようです。
実在する建物のコラボは面白いです。

Imgp1460

Imgp1463

Photo_2

Imgp1462

Imgp1464

Photo_3

こんな感じで大洗町全面バックアップであります。
アニメの影響で戦車に詳しい若者が増えたのが確実ですね。
艦これもそうなのですが、アニメをきっかけに、旧軍の艦船や飛行機に
興味をもってくれたら
嬉しいです。

Imgp14592_2

ファンの方々、ぜひ大洗町へお出かけください。

2016年8月 2日 (火)

戦友の思い出を聞かせてください

四式戦闘機「疾風」

 
「戦友の思い出を聞かせてください」

 
これが一貫した私の取材テーマであります。
 
たとえばゼロ戦パイロットの取材のときは、
可能な限り、
部隊の名簿を作ってから行きます。
そして、そのお一人、お一人の戦友に目を通してくださると
今まで家族にも話したことが無かった、戦友の思い出、そして
散り際、特攻を見送った話などがでてくるのです。
 
こうした戦友の方々の記憶をひとつでも多く残して
おきたいと、考えています。
 
先日、百式のパイロットだった方のインタビューを行ったと
書きましたが、以前から陸軍機にも力を入れており、九七式戦闘機から
一式戦「隼」、二式単戦「鍾馗」、三式戦「飛燕」「五式戦」で終戦迄戦われた方の
インタビューを継続的にコツコツと取材を重ねております。
かなりのご高齢なので、体調を考えて一度のインタビューは30分程度と決めて
その都度、ご自宅の神奈川県に足を運んでコツコツと取材を重ねてきました。
 
そして海軍の花形であるゼロ戦も忘れてはいません。
8月だけでも5名のゼロ戦パイロットの方のインタビューを
岡山、兵庫などを回り行う予定です。
 
取材費がかかりますが、もう砂時計の砂は、残り僅か!
後になって会いたいと願っても!
一千万積んだって、一億積んだって、無理なのです!
 
そして最近、心強い仲間ができまして、交渉の下手な私に代わって、
ゼロ戦パイロットとの取材交渉を、
全て段取りしてくれて、アポイントを取ってくださっています。
本当にありがたいです。
 
いつか日の目を見ることを信じて!

【蒼穹の戦士】
ある特攻隊員と少年の実話~黎明の蛍
パラオの零戦/誇り高きサムライ~吉田久光上飛兵
ご遺族と共に最後に飛び立ったペリリュー飛行場へ
パラオの彗星/墜落現場へ~永元俊幸大尉
ガドブス島探索~第263海軍航空隊(豹)のエースたち
帝国海軍から航空自衛隊へ~指宿正信大尉の見た空
敷島隊の五機とロケット戦闘機「秋水」
富安俊助中尉とエンタープライズ
岩本徹三中尉の戦後
赤松貞明中尉の戦後
篠原弘道准尉 ホロンバイルの荒鷲
零戦の雑学 21型から52型 64型まで
われら雷電戦闘機隊
幻の怪鳥「烈風」改
紫電改と343空 第343海軍航空隊全搭乗員リスト
江草隆繁少佐の九九式艦上爆撃機
一式陸攻の見学
さらば!空中戦艦「富嶽」
1/144航空母艦「飛龍」大ミッドウェイジオラマを作ろう
YS-11宇都宮への定期飛行スケジュール
青木義博中尉(稲妻の雷電)
彩雲パイロット杉野さんのお話
飛燕戦闘機隊々歌完成
坂井三郎氏ヒアリングノート(Y.S氏の記録)


【原田要さんの話】
(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
(2)南京攻略戦掩護とパネー号爆撃事件
(3)真珠湾攻撃と亡き戦友の思い出
(4)赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、飛龍への着艦
(5)零戦、紫電改、様々な飛行機に乗って
(6)関行男大尉の教官を務める
(7)元ゼロ戦パイロットとして平和の大切さを訴え続ける

【一式陸攻搭乗員天野さんのお話】
(1)一式陸攻のイロハ(クルーの役割)
(2)東京初空襲とミッドウェイ海戦
(3)ソロモン海戦水面スレスレでの雷撃敢行

【飛燕パイロット竹田五郎さんのお話】
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦

【ペリリュー島第二連隊生還者 永井敬司さんのお話】
(1)ペリリュー島のラストサムライ




▲編成表はこちらをクリック

パラオ全図島
■パラオ全図(各島詳細)


戦史 ブログランキングへ
▲記事が役に立ちましたらクリックをお願いします。
当サイトは皆様のクリックで成り立っています。