2017年1月23日 (月)

巡洋艦「摩耶」と機関科

巡洋艦「摩耶」で機関兵を務められた方へ
お話をお聞きしてきました。

 
こちらの方はもともと4年ほど横須賀の海軍工廠のドックで

激戦から帰った航空母艦、戦艦、巡洋艦などの艦船の
機関室の修理を行っていた経験から、
海兵団に志願し
海軍機関科へ。
 
海軍入隊後は横須賀で
巡洋艦「摩耶」の機関科へ配属され、大湊、占守島を経て
アリューシャンへ出撃。キスカ撤退作戦で兵員輸送を行います。

レイテ海戦前に肺炎により、一旦艦を離れたことから命が助かり

その後、今度は艦船の電気系統を学ぶため
海軍機関学校へ進み、在籍中に終戦を迎えられたというこです。
 
艦船の修理で印象深かった出来事としては
機関室内部のファンからカラコロと音がして、原因不明だったのが
戦死した水兵の顎の骨が引っかかっていた、というお話でした。
 
横須賀から大湊への航行中には、一名の行方不明者が出て、
過酷な勤務から逃れる為、夜中に甲板から身を投げたのではないか?
という結論に至ったそうです。横須賀の
海兵団時代も首を吊った戦友が
居たそうです。

 
最北端の拠点である占守島では上陸が許可され、士官引率のもと
島を見物したのが思い出、その後、キスカ撤退作戦では
天皇陛下からお預かりした小銃を捨ててまで撤収してきた
多くの陸軍さんを摩耶に乗せた、とのお話しでした。 
 
機関科の仕事
どんな船でも機関(エンジン)が必要です。
それを動かすのが機関科の仕事でした。

 
船を走らせるには
重油を燃やし、ボイラーから発生させた蒸気でタービンを回し
それをスクリューを回す軸(巡洋艦摩耶でいえば4軸)に伝達するという仕組み
ですが、このボイラーの調整を当時は機関室内で全て人の手で
行っておりました。映画などでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
 
艦橋(機関長)から伝声管で船底の機関室へ指示が飛んできます。
それに従い、ボイラーのバーナーを調整(回す)して火力を調整します。
 
時折、艦橋にも上がりました。
艦橋の後方に煙突の煙を観測する部屋があり
そこで煙の様子を見ていました。
艦船の煙突は、格子で区切られていますが
それが何番のボイラー管から発した煙なのか、一目でわかるような
仕組みになっています。ボイラーが不完全燃焼だと黒い煙が出ます。
 
ボイラーは停泊中でもひとつかふたつは作動させておきます。
全速航行時は、全てのボイラーを全開にします。
機関室内は暑く、褌一枚で作業することもありました。
 
機関科は死んでも持ち場を離れない
船のエンジンは最も船底にありますので、機関科の戦死率は
最も高いです。
凄惨なのは船が沈む時です。
 
軍艦の構造は蜂の巣のように細かく区分けされております。戦闘で
被弾、被雷した際には、被害を最小限に留め、沈没を防ぐため
隔壁を閉鎖、あるいは船のバランスを保つために
バラストに注水といって、区画を閉鎖し、海水を流し込むよう
出来ています。
  
戦闘でどれだけ被弾しても、
機関を止めるわけにいきませんので、閉じ込められてもなお
船を動かすために、持ち場を離れず働くという事になります。
機関科の宿命です。
 
いよいよ、駄目だと、「総員退艦」の命令が出る頃、
甲板上で機銃を撃っていた兵科の水兵はそのまま海へ
飛び込めば助かるかもしれません。
 
しかし機関科は閉じ込められ、脱出不可能なケースが多く、
ほとんどの場合、船と運命を
共にします。
 
「レイテで多くの戦友が摩耶と共に沈んだ。
多くは20歳そこそこの若さだった。それまでの訓練で
日常的に殴られ、自殺者が出るような過酷な勤務
の連続、その辛さが最後まで報われることなく、みなレイテで沈んでしまった。
自分だけ生き残って、申し訳ない気持ちで95歳までずっと生きてきた。春に、
はじめて靖国神社へ行って戦友に会ってこようと思う」
 
そう、仰っていたのが印象的でした。

2017年1月21日 (土)

書き初め

16196562_1213192418765192_157810171

お正月にみんなで書き初めしたのですが、
それが貼り出されていました。

この中に私の書いたものもあります。
筆は難しいです。

2017年1月19日 (木)

一般ライターさんの募集は一旦終了させて頂きました。
たくさんのご連絡を頂き
本当にありがとうございました!
 
旧軍の用語に詳しい方に限りまして募集を継続させて頂きます。
ぜひよろしくお願い致します。
 
戦争証言のテープ起こしを継続的にお願いできる方を探して

おります。音声ファイル1時間につき5000円程度でお願いできる
方を探しております。素起こし(ケバ取りなし)となります。
少し旧軍の言葉遣いが多いので、サンプルをご用意しました。
お聞きになって出来そうという方がいらっしゃいましたら
ぜひご検討・ご連絡お待ちしております。なにとぞよろしくお願い致します。
 
サンプル音源
http://www.youtube.com/watch?v=wlIeR2a3AZs&feature=youtu.be
 
▲テキスト入力例
落下傘降下するのを落とすってことはまずないですね。
武士で言えば万歳、片落ちですよ。武士道に反する。したらそういうことで、
それがね、みんな武士道に反するというけど私はわかるんですよ。
自分らの一番尊敬する5000メーター上空にいた一番の一番機を
私らが落としているから。

2017年1月18日 (水)

本日は東京都内にて午前中、
四式戦闘機パイロットの方のインタビューをさせて頂き

 
午後は恒例の戦友会の司会を行いました。

 
明日は厚生労働省で遺骨収集の打ち合わせです。
都内のホテルが満室で取れなかったので
帰ってすぐ寝てまた早朝に出発します。今から寝る為だけに帰ります。
しんどいですがやりたいことやれて幸せです。

2017年1月17日 (火)

軍艦の艦首についていた菊花紋章

拝啓 篠原直人様(空のカケラ)様
こんにちは。お忙しい中、失礼致します。今日は、生前に坂井三郎さんから
教わった【軍艦の艦首についていた菊花紋章】について、お話しようと思います。
 
皆さんは、軍艦が母港に帰港した時、船体の塗装を水兵がゴンドラ
(注:ビルの窓拭きの格好)に座って、ローラーの付いた柄の長いコロコロ
のようなブラシでペンキ塗りをした事は、ニュース映画の空母「赤城」や
戦艦「長門」の画像などで見た事がある人も多いと思います。
 
私が生前に坂井三郎さんから教わった、お話では、かつて、坂井三郎さんも
零戦に搭乗する前、戦艦「霧島」と戦艦「榛名」の乗組員だった頃、やはり、
船体のペンキをされたんだそうです。
 
そんな、水兵時代の坂井三郎さんから、生前に、とっておきの話として、
【軍艦の菊花紋章】の思い出話を聞けたので、今日はその話をしようと思います。
 
【軍艦の菊花紋章】

Thumbnail__6

Thumbnail_03

Photo_2

私「坂井さん、昔、戦艦【大和】などでは、軍艦の艦首に菊の紋章があった
そうですが、材質は何で出来ていたの?」
 
坂井三郎「うん。あれは、台湾檜だよ。そして、その上から金箔を何枚も厚く
貼ったんだよ。海軍では、【軍艦】とは、駆逐艦や潜水艦以外の艦艇を指して
いるんだ。つまり、【戦艦】、【巡洋艦】、【空母】にだけ、【菊花紋章】は付いていた。
但し、例外として、【砲艦】にも【菊花紋章】は付いていた。理由として、【砲艦】は
別名【海の大使館】と言われ、格式があった為、外国の総督を招いて停戦の
仲裁をしたりする外交儀式にも使用される事から、【砲艦】にも【菊花紋章】が
付いていたんだ。」
 
私「へぇ~、【菊花紋章】は金箔だったんだ。金の板じゃないんだ。」
 
坂井三郎「うん。日本海軍もそこまではお金が無かったんだ。台湾檜を使ったのは、
万が一、艦(ふね)が沈んでも、外れて海面に浮かぶように考えられていたんだよ。
【菊の紋章】を沈めたら、畏れ多いからだとか。因みに、あの【菊花紋章】の金箔は
誰が貼っていたのか解るかな?」
 
私「まさか…、坂井さんたち水兵が?」
 
坂井三郎「うん。その、まさかだよ。僕も戦艦「霧島」と戦艦「榛名」の【菊花紋章】
の金箔貼りをやったんだ。砲術学校を優秀な成績で卒業した者だけが担当する、
名誉ある仕事だったんだ。但し、高所恐怖症の者は、次に成績の良かった者に
変わってもらう事もあったんだ。金箔貼りの前日に、艦長室に直属上司に伴わ
れて入ると、艦長から
 
『今回は坂井三郎一等水兵にお願いする。名誉ある仕事ゆえ、今晩は特別に
たっぷりの真水のお湯の風呂で身体を清めよ。(注:普段は風呂の湯は
海水。入浴時間は一人5分。風呂に入 る前に石鹸で身体を洗う為の真水を
洗面器1杯もらい、身体をゴシゴシ洗って、海水で石鹸を流す。そして、海水の
湯に浸かり、風呂から出たら、最後に塩を流す為の真水を洗面器1杯もらい、
塩を流して終わる。真水は海水をボイラーで沸かした蒸留水である。)
 そして、新品の清潔な褌(ふんどし)に着替えよ。』と訓示があるのであった。
 
次の日の朝、艦長と主計長(=軍艦の金庫番)に伴われて、軍艦の金庫室の
前に直立不動で待っていると、厳かに、金の糸で菊花紋章が刺繍された紫色の
大きな風呂敷みたいな絹の布にくるまれた、桐の大きな箱が運び出された。
その中に沢山の金箔が入っていた。重たかった。そして、艦長から
 
『これを菊花紋章に貼ってもらう。尚、菊花紋章の着脱作業は艦首にて行う
ので、命綱を必ず付ける事。』と言われた。
 
また、金箔を扱う為、作業の始めと終わりには、艦の軍医がお尻に金箔を挟んで
持ち出してはいないか?などの身体検査を受けたんだ。とても恥ずかしかった。
そして、作業に入る前に、艦(ふね)の神社(「霧島神社」や「榛名神社」)で
お参りしたんだ。」
 
私「艦首で金箔を貼るのは風が強くて出来ないと思うけど……。」
 
坂井三郎「そりゃ、そうだ。だから、ゴンドラに乗って、艦首から四人がかりで
重たい【菊花紋章】をウンショと、一旦外すんだ。これが、めちゃくちゃ怖いんだ。
真下は、海。海面から10m以上もある。スト~ンだよ。危険な作業だから、
水兵にやらせたんだ。うまいこと、おだてて。海軍流に言うなら、『豚もおだてりゃ
木に登る』とな?そして、前甲板の広場に特設のテントを張り、中を見れない
ようにテントの布で壁も作ったんだ。
 
外には、金箔を盗まれないように衛兵が見張りに付いて、(僕たちの監視?)
そのテントの中で、マスクをして、艦首から外した【台湾檜の菊花紋章】の上から
金箔を何枚も貼って、最後に漆を塗ったんだ。
  
【金色に輝く菊花紋章】は流石に綺麗だったので自画自賛しながら、見とれて
しまった。誰かに『どうだ!』と自慢したくなる気分だった。そして 、貼り終わって、
ホッとしたのも束の間、直属上司から、『今度は艦首に取り付けるぞ!』と
言われた。浮かれた気持ちは直ぐに吹っ飛んだ。『確かに。外した物は、
元に戻さにゃならん。あぁ~、また、恐怖の艦首のゴンドラ作業だ~!』と、
泣きべそが出そうになるのをひたすら我慢して、艦首から、ズルッズルッと、
ゴンドラを下ろし、四人がかりで、エイッと取り付けた。
 
しかし、その後、事件があったんだ。ゴンドラを下ろしたのに、甲板にいる者が、
ゴンドラで作業している者を忘れたのだ!『お~い、誰か、ゴンドラを上げて
くれ~!』と叫ぶも、なかなかゴンドラが引き上げられなかった。あの時は、
正直、焦ったよ。風はビュービュー吹き付けて、めちゃくちゃ寒いし……。
何十分も艦首のゴンドラに、ブランブランと、取り残されたんだから。
 
風でゴンドラはエライ揺れるので、みんな船酔いみたいに気持ち悪くなったんだ。
でも、ゲロは吐かなかった。しかし、作業終了予定時間を過ぎても、坂井三郎
以下4名が戻って来ないもんだから、艦長たちは大騒ぎになったんだ。
 
やがて、ゴンドラに取り残された事が判り、艦長自ら、スマンスマンと平謝り。
この不祥事は一切口外無用!良いな!と言って、特別ボーナスをもらったの
だった。言わば、口止め料だった。そのお蔭で、坂井三郎以下4名は、港から
上陸した時、上手い食べ物、特に、新鮮な果物や野菜をたっぷり食べたんだ。
そして、残りのお金は故郷のお袋へ、艦長の許可をもらって、郵便局から仕送り
したんだ。」
 
私「坂井さんも、とんだ災難だったんですね。口止め料の話、何となく解ります。
艦長としては、大失態だから連合艦隊や軍令部に知れたらエライ事ですものね。」
 
坂井三郎「まったくだ。因みに、今でも、本物の【菊花紋章】を見れる所がある
のを知ってるかな?」
 
私「うん。横須賀の三笠公園の戦艦「三笠」で見た事があります。」
 
坂井三郎「うん。あれは、解りやすいよね。あと、Y 君は知らないかも知れない
けど、三重県の尾鷲(おわせ)市北浦町の曹洞宗・金剛寺に、昭和20年
7月28日にアメリカの艦載機に攻撃され、尾鷲湾で座礁した日本初の潜水
母艦『駒橋』(こまはし)の艦首に付いていた【菊花紋章】は、お寺のご住職が
大事に保存されておられるよ。海軍関係者の集まりで最近知ったんだ。
いつか、機会があったら、見たらいい……。」
 
私「軍艦の【菊花紋章】は、かつては貴重な存在だったんですね?」
 
坂井三郎「うん。ついでに教えちゃうけど、【御真影】って知ってるかな?」
 
私「うん。天皇陛下の写真だよね?近衛師団に行っていた、別家の伯父さんに
見せてもらった事がある。」
 
坂井三郎「それなら、話が早い。実は、軍艦には【御真影】も祀られていたんだよ。
そして、万が一、艦(ふね)が沈む時には、特に泳ぎが達者な水兵は、選抜されて
【御真影】を持ち出 し、背中に縛りつけ、海に飛び込んで、艦(ふね)の外に逃げ
たんだ。」
 
坂井三郎「また、何か解らない事があったら、聞きに来なさい。」
 
私「うん。坂井さん。ありがとう。」
 
本日は、この辺でペンを置かせていただきます。
敬具 平成29年1月17日  Y.Sより

九七艦攻の魚雷や爆弾はなぜ胴体中心線より右寄りに装着したか(Y.S氏寄稿)

拝啓 篠原直人様(空のカケラ)様
こんにちは。お忙しい中、失礼致します。
今日は、生前に坂井三郎さんから、ご自宅で教わった
【九七艦攻の魚雷や爆弾は、どうして胴体の中心線より右寄りに装着したのか?】
について、お話しようと思います。
 
(注:九七艦攻は中島製と三菱製があるが、一般的には中島製を指している。
今回は、中島製・九七艦攻の話として聞いて下さい。)
  

Thumbnail_971

▲九七式艦上攻撃機
 
さて、皆さんの中で、九七艦攻の模型製作で魚雷や爆弾を胴体中心線に装着
してしまった方がいらっしゃったなら、残念ながら、考証上、間違いになります。
一方、これから九七艦攻の模型製作を考えておられる方でこの記事を読まれる
方は、運が良いと言えるでしょう。シッカリ読んで、勉強していって下さいネ。
 
【爆撃照準器との干渉を避ける為】
私「坂井さん、九七艦攻の魚雷や爆弾 は、どうして胴体の中心線より右寄りに
装着したの?」
 
坂井三郎「Y君、良いところに気がついたね。実は、九七艦攻の腹には、
爆撃手(雷撃手)が投下目標を覗く為の【爆撃照準器】の穴が開けられている
んだよ。もしも、魚雷や爆弾を胴体の中心線に装着したら、どうなると思う?
【爆撃照準器】の穴から覗く時の視界を遮る事になり、攻撃目標が全然見れなく
なってしまうんだよ。」

Thumbnail_

▲九七式艦上攻撃機腹面雷装状態。
  
私「なるほど。ところで、坂井さん。九七艦攻は、偵察機としても働いたそうですね。
ひょっとして、偵察(=索敵)の時もこの【爆撃照準器】の穴が役に立っていたの?」
 
坂井三郎「ピンポン!正解!実は、九七艦攻は偵察機の用途も期待して設計
されていたんだよ。偵察機で一番大事な事って、何だと思う?」
 
私「【航法】か な?つまり、自分の現在位置が判らなければ、索敵で敵の艦(ふね)
を発見出来たとしても、本隊に敵の位置を打電出来ないし、攻撃隊の誘導でも、
自分の機位を常に把握しながら飛べないといけない……。かな?」
 
坂井三郎「大正解!【爆撃照準器】は雷撃や水平爆撃の時のみならず、【推測
航法】の【偏流測定(=機体が気流でどれだけ流されているかの測定)】に抜群
の威力を発揮したんだ。その為、艦攻は艦爆より、特に高高度でより正確な
航法が可能となるんだ。それ故、飛行中、常に覗き込みながら使っている装置
なんだ。日本海軍では、始めは、攻撃機に偵察機の機能も持たせていたんだ。
ところで、Y君。【艦攻と艦爆の呼び方の違い】は知ってるかな?」
 
私「うん。海軍では、爆撃機のうち、【急降下出来る爆撃機】を【爆撃機】。【急降下
出来ない爆撃機】を【攻撃機】って言うんだっけ?」
 
坂井三郎「その通り!なんだか、 嬉しくなっちゃうね。ついでだから、教えちゃう
けど、【一式陸上攻撃機】も爆撃機だけど、【急降下出来ない爆撃機】だから、
海軍機の分類上【攻撃機】と呼ぶんだよ。さて、話を戻そうか?ミッドウェー海戦
での敗北の結果、日本海軍では、やっと索敵の重要性を認識し、高速偵察機の
研究が始まったんだ。それが後継機の【天山艦上攻撃機】や【流星艦上攻撃機】
【彗星艦上爆撃機】そして、単発機の偵察機としては世界最長の航続距離
(注:2500海里=4630km、大阪⇔バンコク間の距離)を持つ海軍初の偵察機
【彩雲艦上偵察機】の開発につながったんだ。【彩雲艦上偵察機】は、僕が
松山の343航空隊にいた頃、ずいぶんお世話になったよ。」
   

Thumbnail__2

Thumbnail__4

Thumbnail__5


Thumbnail_01

Photo

▲左上から艦上攻撃機「天山」、艦上攻撃機「流星」、艦上爆撃機「彗星」
下、艦上偵察機「彩雲」 

 
私「ふ~ん。そうなんだ。」
 
坂井三郎「まだ解らない事はあるかい?」
 
私「九七艦攻では、魚雷や爆弾を装着する時、何で、胴体の中心線より
右寄りになるの?左寄りだとダメな理由って何?」
 
坂井三郎「なかなか良い質問だね。先ほどの説明で、胴体の中心線に付けら
れない理由は解ったね。そこで、【爆撃照準器】との干渉を避ける為、魚雷や
爆弾を左右のどちらかに装着する事になるんだけど、プロペラの回転は、コク
ピットから機首方向を見ると、時計回りの右回転の為、急激にエンジンの出力を
増加した場合、機体はトルクの反作用で左に旋転しようとするんだ。零戦が
離陸の時に、直進するように、ラダー(=方向舵)を【当て舵(=機体がプロペラ
の回転トルクで左に曲がろうとするのに対して、右に曲がるようにラダーを操作
する事)】にするのも同じ理由からさ。特にその症状が最も顕著に出るのが離陸
(離艦)時に脚が離れた時なので、それを少しでも軽減させる為、装着を右寄り
にして重心を右寄りに移動させたんだ。これにより、機体の直進性が向上した
んだ。それ故、この魚雷や爆弾の装着位置が、オイルクーラーの位置にも
影響したんだ。ついでに教えちゃうけど、魚雷を付ける時、【魚雷の頭はやや
下向きに頭を下げた状態で装着】したんだ。何故だか解るかな?」
 
私「機体をやや急降下の姿勢にした時、魚雷がズルッと外れたら、プロペラに
当たっちゃうから?」
 
坂井三郎「ブー。ハズレ!雷撃の時は、姿勢は、ほぼ水平爆撃に近いんだ。
ただ、魚雷の頭をやや下向きにする事で、飛行機の合成速度の関係で、理想
的な着水角度になるんだ。もしも、魚雷が機体に水平に装着されていたら、投下
直後、魚雷は腹を打って、水面を跳ねて、飛び石のようになって、水中に魚雷が
うまく刺さらないんだよ。」
 
私「うん。解った。坂井さん、ありがとう!」
 
本日は、この辺でペンを置かせていただきます。
平成29年1月17日Y.Sより

2017年1月16日 (月)

1/144 T-4

Imgp6095

1/144のT-4を集めてしまいました。
お菓子のおまけ(食玩シリーズ)です。
 
手前からブルーインパルス、エフトイズ、アクロチームコレクション
その右のグレーの機体が童友社 T-4(第8飛行隊)
赤いのが、エフトイズ日本の翼コレクション3、第13飛行教育団。
迷彩が同じく日本の翼コレクション3、T-4 S 第306飛行隊 小松基地。
洋上迷彩が、GIGA 1/144戦闘機 T-4コレクション5.浜松基地
第31教育飛行隊 洋上迷彩。

 
T-4はシンプルで綺麗な飛行機ですよね。航空自衛隊の練習機で
TはチュートリアルのTです。

Imgp6073

お土産を頂戴する

Imgp6028

最近頂戴したお土産です。クッキーなのですが
パッケージがすごく可愛くて綺麗なので撮影させてもらいました。
これ以外にもバリエーションがあるようです。
 

Imgp6046_2

Imgp6048

Imgp6049_2

こちらはHさんに頂いた大洗土産「みほまほバウム」。ネーミングといい
パッケージといい、マニアの心をガッチリ掴んだ垂涎の品であります。
ありがとうございました!

東京とびもの学会に参加します

Photo_2
3月12日に東京で開催される「東京とびもの学会」にサークル参加
させて頂きます。
 
東京とびもの学会とはどんな催しかというと、
以下公式サイトより抜粋します。
 
---------- 
東京とびもの学会は、空や宇宙に関する事で有れば基本的にどのようなものでも
対象にする自主企画展示・同人誌即売会を中心としたアマチュアファンイベント
です。
 
中心は、飛行機(航空機)、ロケット、人工衛星など、通称「航空宇宙または宇宙
航空」とよばれるジャンルです。
 
大規模オールジャンル系の即売会では、航空宇宙関連の参加者は、メカ・ミリタリ
ー、評論、アニメ、SF、さては旅行に写真系に創作分野まで分散しています。
 
東京とびもの学会は、取り扱い範囲をいわゆるメカミリ系同人誌のみにとどめず、
旅行記、航空祭レポートや写真集、大学等の活動案内、手持ちのグッズや情報
の集中展示に実演パフォーマンスなどまでを含め、航空宇宙に興味がある人が
楽しめるモノであれば広く募集し、そういった中であたらしい出会いや楽しみを
見つけ育むためのイベントです。
---------- 
 
以上です。
 
アマチュアもプロの方も多く集まります。もちろん
出展せず、見に来るだけでもOKです。
また、販売以外でも自身の模型を展示したりと、航空宇宙ファンには
盛り上がる事間違いなしのイベントです。

2017年1月15日 (日)

零戦21型紙飛行機発売

A43

紙飛行機屋さんの新作です。
1/48スケール、零戦21型の紙飛行機販売開始しました。
待望の零戦21型。空母瑞鶴搭載機です。 
 
 
当キットは、製作者である紙飛行機おじさんが設計デザインをはじめ、
何度も試作を重ね精度を高めておりますので、
とても作りやすいキットとなっております。
 
素晴らしい3D造形は模型として飾っても
満足いただける仕上がりです。
 
子供さんから大人まで幅広くお楽しみ頂けます。
1袋に2機入っておりますので、失敗しても安心です。(2袋で送料無料となります)
ぜひこの機会にお求めください。
 
 

※空母は付属しません
  
販売ページへ
 
 

A4

※1パッケージに2機入り、内容物見本。

Imgp6059

A4_2

完成例見本
 
ミュージアムショップ様向けに卸売も可能ですのでロッド数をご相談ください。



篠原 直人 Profile
このサイトについて
よくある質問
コメントをくださる方へお願い
当サイト掲載画像の提供について





戦史 ブログランキングへ
▲記事が役に立ちましたらクリックをお願いします。
当サイトは皆様のクリックで成り立っています。

【蒼穹の戦士】
ある特攻隊員と少年の実話~黎明の蛍
パラオの零戦/誇り高きサムライ~吉田久光上飛兵
ご遺族と共に最後に飛び立ったペリリュー飛行場へ
パラオの彗星/墜落現場へ~永元俊幸大尉
ガドブス島探索~第263海軍航空隊(豹)のエースたち
帝国海軍から航空自衛隊へ~指宿正信大尉の見た空
敷島隊の五機とロケット戦闘機「秋水」
富安俊助中尉とエンタープライズ
岩本徹三中尉の戦後
赤松貞明中尉の戦後
篠原弘道准尉 ホロンバイルの荒鷲
零戦の雑学 21型から52型 64型まで
われら雷電戦闘機隊
幻の怪鳥「烈風」改
紫電改と343空 第343海軍航空隊全搭乗員リスト
江草隆繁少佐の九九式艦上爆撃機
一式陸攻の見学
さらば!空中戦艦「富嶽」
1/144航空母艦「飛龍」大ミッドウェイジオラマを作ろう
YS-11宇都宮への定期飛行スケジュール
青木義博中尉(稲妻の雷電)
彩雲パイロット杉野さんのお話
飛燕戦闘機隊々歌完成
雷電 伊藤進中尉機
彗星と航空戦艦日向
西開地重徳少尉の故郷とご遺族を訪ねる
真珠湾攻撃隊零戦隊マーキング
マリアナ沖海戦航空母艦一覧
海上自衛隊もうひとつの黎明期 技術士官編
「彗星」小松幸男飛曹長機
赤城(ミッドウェイ作戦時艤装)
ゼロ戦(零戦)21型と52型の違い

坂井三郎氏ヒアリングノート(Y.S氏寄稿)
ヒマシ油と松根油について(Y.S氏寄稿)
酸素魚雷について(Y.S氏寄稿)
"零戦の航続距離とリンドバーグ(Y.S氏寄稿)
ガダルカナル攻略とニューカレドニア(Y.S氏寄稿)
真珠湾攻撃(Y.S氏寄稿)
零戦の基地航空隊での駐機場所のルール (Y.S氏寄稿)
台風観測に爆撃機B-29が使用された話(Y.S氏寄稿)


【原田要さんの話】
(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
(2)南京攻略戦掩護とパネー号爆撃事件
(3)真珠湾攻撃と亡き戦友の思い出
(4)赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、飛龍への着艦
(5)零戦、紫電改、様々な飛行機に乗って
(6)関行男大尉の教官を務める
(7)元ゼロ戦パイロットとして平和の大切さを訴え続ける

【紫電改パイロット笠井智一さんのお話】
零戦と中部太平洋戦線
紫電改と第343海軍航空隊

【「翔鶴」「隼鷹」零戦隊パイロット増山保雄さんのお話】
航空母艦への着艦・発艦方法を語る(動画)

【一式陸攻搭乗員天野さんのお話】
(1)一式陸攻のイロハ(クルーの役割)
(2)東京初空襲とミッドウェイ海戦
(3)ソロモン海戦水面スレスレでの雷撃敢行

【飛燕パイロット竹田五郎さんのお話】
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(1)
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(2)

【中島又雄さんのお話し】
零戦52型丙 B-29との戦い

【池田武邦さんのお話し】
新鋭巡洋艦「矢矧」航海士が見たマリアナ、レイテの回想


【ペリリュー島第二連隊生還者 永井敬司さんのお話】
ペリリュー島のラストサムライ

【日本の戦跡一覧】
旧海軍大湊通信隊稚内分遣隊幕別送信所(稚内市)
猿払電話中継所跡(遥かなる樺太・真岡)
八甲田山・雪中行軍隊の足跡を辿る
四式戦闘機「疾風」地下工場その2
カッパドキアより凄い!採石場跡は世界最大級の巨大地下空間
疾風地下工場(大谷資料館)外観とその周辺
洞窟戦車工場(那須烏山市)
「桜花」カタパルト基地
航空自衛隊浜松基地広報館(エアパーク)
三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所史料室の見学
戦艦大和ドックは健在(歴史の見える丘)
からすこじま公園
大和ミュージアム
てつのくじら館  柱島・周防大島の戦艦陸奥記念館
人間魚雷「回天基地」大津島
楢本神社
小島・芸予要塞
松山第343海軍航空隊
佐田要塞・未机湾(真珠湾九軍神の碑) 
南レク「紫電改」
宿毛湾・宿毛泊地
高知航空隊
三魂之塔(彩雲)
大刀洗平和記念館
ペリリュー島守備隊長中川大佐の墓所 大分飛行場跡(宇垣特攻の地)
宇佐海軍航空隊(永遠のゼロ) 
佐世保鎮守府
SSKドック(旧佐世保海軍工廠
セイルタワー
大村海軍航空隊
海軍針尾通信所(巨大通信塔)
三菱重工長崎造船所(戦艦武蔵ドック)
万世特攻記念館
海上自衛隊鹿屋資料館(海軍特攻資料館)
鹿児島空港(陸軍国分第二飛行場)
四式戦闘機「疾風」と中島飛行機宇都宮製作所
神雷部隊「桜花」別杯の地

【四方山話】
富士山の空撮
人形供養のお焚き上げへ行ったら・・・
故人の人権は誰のものか?
バブル遺産巡り
自衛隊お見合いパーティー2015
吹上浜での拉致の一部始終を普通に話す人
東京オートサロン2015ガールズ
リバティウォークのランボルギーニ(ゼロ戦仕様)
宇都宮ヘリコプターアクロバットチーム「ブルーホーネット
エヴァンゲリオン新幹線500系見学
フライング・ダイナソー搭乗
みかんを知ろう
憧れの樺太
扇風機を改造してみた
アメリカ軍の騒音対策を真似してみた
航空幕僚副長を表敬
いろは坂の深夜
ガルパン(大洗)こんな凄い町おこし見たことない!
西住みほコスプレ撮影
ネットアイドルの杏樹ちゃん撮影
興津の海と鵜原八坂神社
20XX年 応急夜戦滑走路
1/48 B-29完成


【Tシャツ製作記録】
ゼロ戦Tシャツ
伊400と晴嵐Tシャツ
紫電改Tシャツ
三式戦「飛燕」Tシャツ
10式戦車とIV号戦車Tシャツ新発売

【フリー素材・写真/イラスト集】
零戦(ゼロ戦)フリー素材・画像・アイコン
10式戦車 90式戦車 74式戦車 フリー
IV号戦車 フリー素材画像
航空自衛隊 F-2 戦闘機 フリー
戦艦大和・武蔵
伊400
飛龍
ゼロ戦の形式一覧
艦上爆撃機「彗星」形式
満州鉄道伊ロゴ作成
中島飛行機ロゴ作成
ステンシルフォントの作成(漢字・和文)


パラオ全図島
■パラオ全図(各島詳細)