« 山本五十六記念館 | メイン | 大戦機シリーズ第二弾 »

2014年2月14日 (金)

コメント、メッセージをくださる方へお願い

いつもコメント、メッセージをありがとうございます。
投稿くださる方へお願いです。
 
必ずお名前をご記入ください。
 
当サイトでは本名または
固定ハンドルネームでの投稿をお願いしております。

 
無記名、匿名希望、
および

捨てハン(その場限りでこしらえた名前)
例:名無し、通りすがり、など
へのお返事は誠に勝手ながら控えさせて頂きます

 
記事へのご意見、ご指摘、などを頂戴することがございます。
お蔭様で記事の信頼性向上に大きく貢献頂いておりますが
無記名ですと、こちらも対応が出来かねますので
何卒ご理解をお願い致します。

コメント

実家が床屋でして、お歳を召したお客様がよく来て頂いてました。
東シナ海を哨戒飛行して、30キロ爆弾をよく落としたんや。
そんな話をよくして頂きました。

前から、篠原さんのブログ拝見したいと思っていました!ステキなページですね。パラオについて、以前聞かせていただいた内容しか知識がありませんが、またこちらをよく拝見させて頂きたいと思いました。いつもありがとうございます。

永遠の0をきっかけに、尊い命を捧げ散って逝かれた方々の思いを知りたくて。あちこちのサイトを訪問して、こちらにたどり着いたのは数か月前。それ以来、時々記事を拝見致しております。
どこにもコメントを残してはおりませんが、どの記事も泪なくして読むことあたわず。
戦争を体験した方が年々天に召されて少なくなってきていることを、本当に心配しています。
英霊の親族も老いて、または亡くなられ、かつて国に殉じた大叔父などがいたことを残されたものは忘れようとしています。胸が切なくなります。
私たちの先輩がどんな思いで戦い逝ったのか、こちらのブログではたくさんの映像や資料とともに戦争を知らない私たちに教えてくれます。
本当に感謝、感謝です。

アガタ様
コメントありがとうございます。
映画『永遠の0』は若い世代に訴えかけるきっかけとして良い映画でした。
残念なことに戦争は遠い過去のものとなり、忘れ去られようとしています。
コンビニやファストフードで好きなとき腹いっぱい食える時代となりました。
豊かになったことは良いのですが、亡くなった兵隊さんへの感謝の気持ちを
忘れてはならないと思い、このブログを書きはじめました。
もっともっと若い世代に伝えなければと考えています。

数回コメントをさせていただきましたが、篠原さんの活動には頭が下がる思いです。
亡くなった祖父が、中国戦線に出征していて、上海上陸作戦の後被弾して内地に帰されて命拾いをしたという話を何度か聞かされたこともあり、子供の頃から大東亜戦争、第二次世界大戦に興味がありました。
関連する書物も多数読んでいますが、最近になって、今まで「常識」とされていた事が、少しづつ覆ってきているように思えます。
自虐的教育を受けさせられてきた今の日本人に、当時を知る人たちが最後のメッセージを残しつつあるからではないかと思います。

独身の頃グアムに3回行きましたが、戦跡は一つも訪れていませんでした。
その頃に、「ここで戦争があった」くらいの知識しか無かったのが悔やまれます。
現在は嫁にも大東亜戦争の解釈について説明し、母親の目線で戦争がどんなものだったのか少しずつ理解しようとしています。

戦史資料館などには「子育てが終わったら是非行きたい」と言っております。

思いつきで書いたのでまとまりのない文章になりましたが、その時が来るまでにもっと勉強しておきたいと思います。

このサイトも大いに参考に致しますので、更新を楽しみにしています。

フランカー様

私などまだまだ勉強中ですが
嬉しいお言葉ありがとうございます。

ぜひパラオへおいでください。これからも日本の誇りを大切にしつつも
良いこと悪いこと事実を選んで
慎重に記事を書いていきたいと思います。

はじめまして。
戦時中の祖父のことを調べていて、こちらのホームページに
たどり着きました。

私の祖父は、パラオで終戦を迎えました。
すでに他界をしているので、軍歴証明を手にコツコツと調べています。
篠原さまの本やホームページを参考にさせて頂こうと思います。
まだ、調べはじめたばかりですが…

祖父はきっと天国で、こちらのホームページや篠原さんの活動を
喜んでいると思います。ありがとうございます。

はじめまして、ちょくちょく覗かせていただいております。歳が近い方が精力的に活躍されている御様子に尊敬の念を禁じえません。

大学生まで日本の過去に全く興味なく過ごした後、興味本位で陸上自衛隊に入隊し四年ほどいたのですが、配属された先が離島防衛の最前線に位置する離島対処の部隊で、それがキッカケとなり過去に関する書籍を読みふけるようになりました。

 戦争とは、戦うということは、国を守るということは、どういう事なのか。死とは・・・そういった個人的なメンタルの部分から始まり、在職中に一部民間人やマスコミがイラク派遣に絡み、派遣の決まった我が駐屯地や部隊、その家族への不快極まりない取材や抗議活動を直接目にし、戦前・戦後の社会や政治に強く興味を持つに至りました。

 今現在は志願制である国防ではありますが戦前は明確な国民の義務であり、全体で見れば職業軍人は一部で、ほとんどがその義務のもと、動員された兵士であったのは紛れも無い事実だと思います。

 戦争の責任が日本国民にあるのであれば義務に殉じ、斃れた方々へ対して国家・国民は何かしら報いる義務が当然あって然るべきだと私は考えます。当時、名があった幾百万もの兵士たちは今では無名戦士として埋もれ消えいく悲しい現実。その中にあっての篠原さんの活動には本当に頭が下がる思いです。陰ながら応援しております。

初めてコメントさせて頂きます。
私は篠原様と親子ほど歳が離れた主婦です。
父も海軍におり、長崎で被爆しました。
戦記というか歴史に関は関心はありましたが、子育てや何やらで本格的に歴史(史実)を勉強しだしたのは60を過ぎてからです。
史実を学ぶうちに今の日本そして世界が見えて来ました。
言いたいことは山ほどあるのですが、今は祖国日本をかけがえのない命に代え護ってくださった英霊の皆様にただただ感謝です。

戦記、どの記事を拝見しても涙を禁じ得ません。
篠原様のお写真を通してその場所で過酷な戦いをされ散華された将兵の皆様の無念さが胸に迫り、コメントを書いている今も涙です。

英霊の皆様は日本人としての誇り、気概を持って日本国を護る、その一念で戦われました。
そういう意味において英霊の皆様は悔いはないと思っておいででしょう。
しかし、その護ってきた今の日本の現状を見た時、英霊の皆様の無念さ、察して余りあるものがあります。
そういう意味で無念という言葉を使わせていただきました。

そんな中、篠原様のようなお若い方が純粋に英霊の皆様の御供養の旅をされておられるのには本当に頭が下がります。
英霊の皆様も、きっと心から感謝されていることでしょう。

また、先の記事「2013年6月30日、後藤丑雄少佐、アンガウル島のラストコマンダー」に記されているある言葉に胸打たれました。
>私はたったひとり、静かなアンガウル島のジャングルの小道を歩くとき、
風の音と共に、彼らの最後の突撃の絶叫か、英霊の声が耳にこだまする錯覚を幾度も経験した>
とあります。
それを読んだ時、私は篠原様は錯覚ではなく本当に英霊の皆様のお声をお聞きになったのだと思いました。
それは英霊の皆様の感謝のお声だったと思っております。

お写真と記事楽しみにしております。
有り難う御座いました。

 


山崎様

拙い記事をご覧くださり誠に
ありがとうございます。
勿体くも有難いお言葉です。

資料として、また、これを偶然ご覧になった方が
歴史を知るきっかけになればと思い
少しずつ書いています。記事に荒削りな部分はあります上、
私も、思うことは多くあるのですが、
なるべく客観的な事柄だけを書くようにしています。
それでもたまに熱が入ってしまいますけれど。

アンガウルは現在の人口百数十人の小さな島です。
誰もいないジャングルの小路を歩けば、涼しく心地よく
木々の間からは青い海が見えます。美しい海です。
遠くで波の音が聞こえます。木の上からは鳥の声と
風で木々が擦れる音が聞こえます。

激戦が嘘のようにに穏やかです。

「ここ、兵隊の幽霊が出るらしいんですよ」と居合わせた
ダイバー客に言われたことがありますが
私は兵隊の幽霊を見たことはありませんし、
そもそも恐怖の対象ではありませんでした。

「守ってくれてありがとう、私は
英霊の方々がたいへんな思いをしてくださったお蔭で
とても幸せです。日本は豊かな国になりました」そう思って歩いていますので
心境としてはアンガウルの海や森のように穏やかでした。

難しいことはできませんが、唯一できるのは
故国日本の為に散った兵隊さんを忘れないことだと
思いました。

お返事頂き有り難うございます。
お忙しいのに申し訳ございません。
心穏やかに散策される姿が目に浮び、改めて篠原様の優しさを感じています。

記事はここ二、三日で殆んど拝見しました。
篠原様のお写真ですが、パラオ、ペリリュー島、アンガウル島の海、森、そしてジャングルまでもが優しく穏やかに感じられます。

その美しく優しく穏やかな海、森で過酷な戦いがあったと思うと胸迫る思いがします。
実際にその場所で感じられる篠原様のお気持ちは、いかばかりかと思います。
一人でも多くの人、特に日本の若者に知って頂きたい、そう願っています。

追記
こうしてコメントさせて頂くだけでも有り難く思っていますので
おばさんのひとり言とお思いくださり、返事は無理なさらないで下さいね。

茨城県笠間市(友部)の筑波海軍航空隊記念館は
戦争当時の建物と隊門と号令台と慰霊碑が残ってます。
笠間市こころの医療センター(友部病院)敷地内にあり
老朽化のためのちのち取り壊される予定らしいです。
地下施設や地下救護所も発見されたとか。
地下施設は土日祝のみ公開してるようです。
無くしてしまうのはちょっともったいない戦跡。
滑走路は普通の道路として使われています。

コシジロキンパラ様
ありがとうございます。
筑波海軍航空隊ですか。勿体ない話です。
これはぜひ、壊される前に見学に行きたいと思います。

篠原さん、
大変だと、思います。
見送ろうと
思った今回の記事。
色々な意見もあるでしょう。
真実に、
蓋をかぶせる
それだけは、絶対にしないでほしい。
頑張ってください。

ご無沙汰しております。サクラメントのゆき惠です。お忙しいところすみませんが、「パラオ戦跡を歩く」93ページ
中川大佐と村井少将の写真は何処から入手したものですか?

はじめまして
父が、パラオで戦死した父の叔父のことについて知りたくて、つい最近町役場に問い合わせたら、「パラオ戦跡を歩く」を紹介してくれたそうです。父に本を探してほしいと頼まれ、こちらにたどり着きました。amazonも品切れ、書店でも取り寄せることができないと言われました。
「医者になりたくて勉強を頑張ってたけど招集されたんだ。」「食べるものがなくて餓死したらしい。」などよく話して聞かされました。幼いころの記憶に残る叔父のことが長い間気になっていたようです。
少しでもパラオでの様子を知りたくて、ぜひ本を購入したいと思っておりますが、どちらかで購入することはできませんか。

コメントを投稿



篠原 直人 Profile
このサイトについて
よくある質問
コメントをくださる方へお願い
当サイト掲載画像の提供について





戦史 ブログランキングへ
▲記事が役に立ちましたらクリックをお願いします。
当サイトは皆様のクリックで成り立っています。

【蒼穹の戦士】
ある特攻隊員と少年の実話~黎明の蛍
パラオの零戦/誇り高きサムライ~吉田久光上飛兵
ご遺族と共に最後に飛び立ったペリリュー飛行場へ
パラオの彗星/墜落現場へ~永元俊幸大尉
ガドブス島探索~第263海軍航空隊(豹)のエースたち
帝国海軍から航空自衛隊へ~指宿正信大尉の見た空
敷島隊の五機とロケット戦闘機「秋水」
富安俊助中尉とエンタープライズ
岩本徹三中尉の戦後
赤松貞明中尉の戦後
篠原弘道准尉 ホロンバイルの荒鷲
零戦の雑学 21型から52型 64型まで
われら雷電戦闘機隊
幻の怪鳥「烈風」改
紫電改と343空 第343海軍航空隊全搭乗員リスト
江草隆繁少佐の九九式艦上爆撃機
一式陸攻の見学
さらば!空中戦艦「富嶽」
1/144航空母艦「飛龍」大ミッドウェイジオラマを作ろう
YS-11宇都宮への定期飛行スケジュール
青木義博中尉(稲妻の雷電)
彩雲パイロット杉野さんのお話
飛燕戦闘機隊々歌完成
雷電 伊藤進中尉機
彗星と航空戦艦日向
西開地重徳少尉の故郷とご遺族を訪ねる
真珠湾攻撃隊零戦隊マーキング
マリアナ沖海戦航空母艦一覧
海上自衛隊もうひとつの黎明期 技術士官編
「彗星」小松幸男飛曹長機
赤城(ミッドウェイ作戦時艤装)
ゼロ戦(零戦)21型と52型の違い


【原田要さんの話】
(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
(2)南京攻略戦掩護とパネー号爆撃事件
(3)真珠湾攻撃と亡き戦友の思い出
(4)赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、飛龍への着艦
(5)零戦、紫電改、様々な飛行機に乗って
(6)関行男大尉の教官を務める
(7)元ゼロ戦パイロットとして平和の大切さを訴え続ける

【紫電改パイロット笠井智一さんのお話】
零戦と中部太平洋戦線
紫電改と第343海軍航空隊

【「翔鶴」「隼鷹」零戦隊パイロット増山保雄さんのお話】
航空母艦への着艦・発艦方法を語る(動画)

【一式陸攻搭乗員天野さんのお話】
(1)一式陸攻のイロハ(クルーの役割)
(2)東京初空襲とミッドウェイ海戦
(3)ソロモン海戦水面スレスレでの雷撃敢行

【飛燕パイロット竹田五郎さんのお話】
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(1)
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(2)

【中島又雄さんのお話し】
零戦52型丙 B-29との戦い

【池田武邦さんのお話し】
新鋭巡洋艦「矢矧」航海士が見たマリアナ、レイテの回想


【ペリリュー島第二連隊生還者 永井敬司さんのお話】
ペリリュー島のラストサムライ

【日本の戦跡一覧】
旧海軍大湊通信隊稚内分遣隊幕別送信所(稚内市)
猿払電話中継所跡(遥かなる樺太・真岡)
八甲田山・雪中行軍隊の足跡を辿る
四式戦闘機「疾風」地下工場その2
カッパドキアより凄い!採石場跡は世界最大級の巨大地下空間
疾風地下工場(大谷資料館)外観とその周辺
洞窟戦車工場(那須烏山市)
「桜花」カタパルト基地
航空自衛隊浜松基地広報館(エアパーク)
三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所史料室の見学
戦艦大和ドックは健在(歴史の見える丘)
からすこじま公園
大和ミュージアム
てつのくじら館  柱島・周防大島の戦艦陸奥記念館
人間魚雷「回天基地」大津島
楢本神社
小島・芸予要塞
松山第343海軍航空隊
佐田要塞・未机湾(真珠湾九軍神の碑) 
南レク「紫電改」
宿毛湾・宿毛泊地
高知航空隊
三魂之塔(彩雲)
大刀洗平和記念館
ペリリュー島守備隊長中川大佐の墓所 大分飛行場跡(宇垣特攻の地)
宇佐海軍航空隊(永遠のゼロ) 
佐世保鎮守府
SSKドック(旧佐世保海軍工廠
セイルタワー
大村海軍航空隊
海軍針尾通信所(巨大通信塔)
三菱重工長崎造船所(戦艦武蔵ドック)
万世特攻記念館
海上自衛隊鹿屋資料館(海軍特攻資料館)
鹿児島空港(陸軍国分第二飛行場)
四式戦闘機「疾風」と中島飛行機宇都宮製作所
神雷部隊「桜花」別杯の地

【四方山話】
富士山の空撮
人形供養のお焚き上げへ行ったら・・・
故人の人権は誰のものか?
バブル遺産巡り
自衛隊お見合いパーティー2015
吹上浜での拉致の一部始終を普通に話す人
東京オートサロン2015ガールズ
リバティウォークのランボルギーニ(ゼロ戦仕様)
宇都宮ヘリコプターアクロバットチーム「ブルーホーネット
エヴァンゲリオン新幹線500系見学
フライング・ダイナソー搭乗
みかんを知ろう
憧れの樺太
扇風機を改造してみた
アメリカ軍の騒音対策を真似してみた
航空幕僚副長を表敬
いろは坂の深夜
ガルパン(大洗)こんな凄い町おこし見たことない!
西住みほコスプレ撮影
ネットアイドルの杏樹ちゃん撮影
興津の海と鵜原八坂神社
20XX年 応急夜戦滑走路
1/48 B-29完成


【Tシャツ製作記録】
ゼロ戦Tシャツ
伊400と晴嵐Tシャツ
紫電改Tシャツ
三式戦「飛燕」Tシャツ
10式戦車とIV号戦車Tシャツ新発売

【フリー素材・写真/イラスト集】
零戦(ゼロ戦)フリー素材・画像・アイコン
10式戦車 90式戦車 74式戦車 フリー
IV号戦車 フリー素材画像
航空自衛隊 F-2 戦闘機 フリー
戦艦大和・武蔵
伊400
飛龍
ゼロ戦の形式一覧
艦上爆撃機「彗星」形式
満州鉄道伊ロゴ作成
中島飛行機ロゴ作成
ステンシルフォントの作成(漢字・和文)


パラオ全図島
■パラオ全図(各島詳細)