« 注文・お問い合わせ | メイン | GTO Party2012 in浜名湖 »

2012年7月 9日 (月)

GTO Party2011 in浜名湖

IMGP8694

GTO Party2011 in浜名湖のレポートです。

今年は朝3時半に出発し、東北道-首都高山手トンネル-東名と乗り継ぎ

お昼前に浜松へ到着しました。その後航空自衛隊浜松広報館を見学したので、また別に記事にします。

IMGP8746

赤の車両だけでもこれだけ集まりました。

 

36台がエントリー致しました。主観ではありますが一台ずつ紹介します。

 

IMGP8527

▲Inoueさん
98年/最終型/ギャラクシィホワイト/愛知/Z1516CLUB
Z1516の代表、猫屋敷さんです。
今年は震災の影響もあり、開催するか迷ったそうですが
厚い要望もあり、なんとか開催に漕ぎ着けたそうです。
本当に毎年、こういった素晴らしい機会を作って頂きありがとうございます。

車体は最終型のスタイルを崩さず
ボンネットと19インチホイールを装着し、とても綺麗な一台です。

IMGP8530

▲えいどりあんさん
90年/初期型/ブルー/三重/Z1516CLUB
今回もZ1516クラブのスタッフとして尽力されました。
ボルクレーシングチャレンジゼロのホイールにブルーの車体は映えて
スポーティーであります。なんといってもこの方もとても器用でして、市販の品にも勝る
LEDのテールランプはなんと自作です。その他に細部にも抜かりは無く色々と、
特別な派手さは無いものの、几帳面で丁寧な改造が施してあります。参加者の中で最古の車体!

IMGP8538

▲4℃さん
91年/後期型?/ギャラクシィホワイト/愛知/個人
綺麗な後期型です!年式が91年となっていますが、オリジナルなのか
スワップなのか不明であります。お聞きすればよかった。
ボディの輝きを維持している点は参加車両の中でも屈指で、どの角度から見ても
後期型純正のフォルムは美しかったです。もし、純正に戻れるならこういう車に乗りたい。

IMGP8543

▲ステルスさん
94年/固定ライトステルス/パッションレッド/千葉/Z1516CLUB
左ハンドルのダッジステルス。
ダッジブランドに共通する最高位のR/Tというグレードです。
僕も以前ダッジステルスのオーナーでしたので、いろいろと並行輸入車の
苦労など通じて感じることををお話ししました。
以前はカウンタックにお乗りだったそうで、そのときのお話なども伺いました。
カウンタックはざっくり言うと物凄くしんどく乗りにくい車だということです。
ただ、その面倒くささや大変なところこそ魅力!というところはスポーツカー乗りなら
わかると思います。カウンタックの純正ガーニッシュ(網の部分)を譲って頂いたので、あとで
大事に僕のGTOの内装として取り付けます。

IMGP8551

▲まーさん
94年/中期型/?青/鳥取/個人
車体はご覧のとおり、外装も内装も本気で過激な仕様。後ろにはり付かれたら
即座に道を譲ること必至。しかしオーナー様はとても和やかで話しやすいお方です。
会場に到着して一番最初に声をかけてくれたのが、まーさんでした。
お会いするのは一年ぶりでしたが覚えてくれていたので嬉しかった。

IMGP8556

▲yunoさん
91年/中期型/ランプブラック/神奈川/個人
僕はyuno号、平べったくて好きです。ウイングのバランスが程よく
ホイールのリムにデザインされたブルーのラインもさりげなく良い印象でした。
写真でもかっこよく写っていますが、実物は何倍も綺麗です。
黒光りする車体と青いリムの輝き、これはほしくなります。
オーナー様も決して気取らず、さりげなく、かっこよくマシンを乗りこなす
クールなお方です。

IMGP8573

▲チンジャオさん
99年/最終型/パッションレッド/愛知
パっと見た感じ、純正ですがけっこう手を加えられております。
それを感じさせないのがチンジャオさんのセンスの良さです。
フロントはダブルカナード、リアにもアンダーカナードを装着しております。
後付感が強い僕のマシンと比較しても、見習うべき箇所が多く、もう一度
じっくり拝見したい。特にリアカナードの大きさがちょうどバランスも
良く関心致しました。オーナー様とはエアロのお話をしました。僕は「ディフューザーは
消耗品ですから」と申しましたが、チンジャオさんが考えているものはまた別のセンスの
良いエクステリアになるかと思います。

IMGP8576

▲Keiさん
92年/初期型/パッションレッド/愛知/GALS&LADIES
このマシンは素敵過ぎます!ワイド&ロー!うまくデザインされています。
隣に並んだ自分の車が腰高に見えます。こんなに気に入ったマシンであったのですが
オーナーのkeiさんとはあまりお話しできなかったので、次回はぜひぜひお聞きしたいと
考えています。

IMGP8586

▲なおと号
98年/最終型/ギャラクシィホワイト×フィジーブルー/栃木/GTOツーリングクラブ風

IMGP8589

▲ラプターZ16Aさん
98年/最終型/パッションレッド/千葉/個人
首都高で何度かお会いしているのですが、その都度新しく改造が施されており
飽きることがありません。僕の車を反転させたようなカラーリングと
デザインもコテコテではありますが、いやらしさが無くまとまっており
好みの一台であります。コクピットが戦闘機みたいで凄い。計器フェチの僕には
たまらない。ニヤニヤしてしまいます。ところで助手席に乗っているのはなんだ??

IMGP8597

▲勾玉さん
98年/最終型/パッションレッド/愛知/Z1516CLUB
ゴールド、光物といえばこのお方。改造はこれで打ち止めだそうでして
最近はお会いしても車の話題より雑談ばかり。それが楽しいんですけど(笑)
GTOを一通りいじってきたので、特に電装系DIYに関して最近乗り出した
初心者オーナーには頼れる存在。

IMGP8600

▲Shizukaさん
92年式/初期型/パッションレッド/兵庫/GALS&LADIES
ピットロードMのフルエアロ、真紅のボディが映える!
これもワイド&ローで格好良い車体です。
それにしても、女性オーナー様とはあまりお話ししていない気がする。

IMGP8605

▲ヤタガラスさん
94年/中期型/パッションレッド/愛知/個人
唯一の痛車。同日開催のお台場イベント「痛G」ではなく
よくこちらに来てくれたなぁ~と思います。兎角、カッティング技術が
素晴らしいのなんの!小さなロゴやキャラクターなど
デザインナイフ一本で仕上げてしまうそうです。ぬめぬめと貼り付けただけの
ラッピングカーとは全然違うんです!

IMGP8613

▲GTO親さん
93年/初期型/トスカナブラック/愛知/Z1516CLUB
GTOを三台も所有するお方です。全て初期型で同じホイール。
去年は3台とも会場に乗り付け驚きましたが今年は一台のみの参加でした。
維持にかける苦労に敬服です。

IMGP8614

▲スイミ~さん
92年/初期型/シルバー/三重/Z1516
初期型にアーチウイングを装着した車両であります。
走っている姿が実に美しく、存在感のある一台です。どうしてこんなに
目を引くのか考えました。GTOに惚れたきっかけが、これとまったく同じシルバーの車体を
見かけたからでした。シルバーの車体は原色のような華やかさは無いものの
無骨さや渋さがズバ抜けていてカッコいいのです。それもGTOだったら何倍にも引き立つと感じます。

IMGP8620

▲シロチビくんさん
95年/中期型/マリアナブルー/三重/Z1516CLUB
貴重なマリアナブルーです。フィジーブルーもいいけどこれは甲乙つけがたい。
そしてスーパーアドバンホイールですね。グルグルと何周も見てまわってしまいました。
シロチビくんさん去年も参加されていたので、2回目ですね!これからは改造車ではなくてこういった
綺麗なノーマルが注目されてくるでしょう。これはオフ会などに長年参加してきて感じることです。
10年前は改造した車の周りに人が集まっていましたが、今はそれが逆になってきています。
この現象は説明無しに顕著ですから、お解り頂けるかと思います。

IMGP8621

▲GTO-Kazuyaさん
96年/後期型/スーパーソニックブルー/新潟/個人

ODOは22万キロオーバー!なんといっても見習いたいところです!僕も
長距離ドライブの楽しさがわかるようになってきました。KazuyaさんのようなGTO乗りが
いれば僕も維持を頑張れます。ボディはホンダの純正色だそうです。Mのエアロを程よく纏っていて
流線型の良いスタイルです。

IMGP8628

▲いっすぃ~さん
95年/中期型/ギャラクシィホワイト/山梨/GTOクラブ静岡
KAZEのブリフェンにリップ、アイラインなどなど
まとまっていてスマートな車体です。よく見たらピラーが黒く塗装してある!
わかりませんでした。ずいぶん印象変わるものですね。ちょっとマネしたい。
乾いた良い音してます。那樹さんの赤いマシンはクラッチ不調とのことで助手席での参加でした。

IMGP8634

▲けんじさん
93年/初期型/ブラック/兵庫/個人
前夜祭から参加されたけんじさんです。
ガルウイングのブラック。ホテルの駐車場でyunoさんが
「このGTOはいいなぁ」とずっと眺めていました。黒のボディに赤を加えた
パターンです。よく合いますね。前後ブリスターフェンダーでして、自然なラインですが
ノーマルとかなり比べるとワイドに見えます。

IMGP8636

▲ちゅーさん
98年/最終型/パッションレッド/岐阜/GTOクラブぎふ
固定ライトをリトラにスワップしたちゅーさんです!
その逆は多いのですが、元々固定ライトだったのをポップアップ仕様にすると
不具合が多く、完成までかなり苦労されたようです。タイプXウイングを装着。

IMGP8638

▲へきるさん
91年/初期型/KAZEスペシャルラメレッド/東京/個人
東京オートサロンデモカーでおなじみのKURENAIです。
この車は有名ですし、ブログにアップされているのでご存知の方も
多いと思いますが、実物を目の前にすると、やっぱり凄い。仕様変更を重ねて
きたので、時代によって色々な形態があります。

IMGP8642

▲RYO神戸さん
92年/初期型/スペシャルカラー(下記)/兵庫/G-TEC
スピンナーの代わりに装着したのはこのファイヤーパターンの飾り。
前のイメージが強すぎたので、それを超えるものがなかなか思いつかず変更に迷ったとか。
ご本人はザリガニと仰ってました。車体色はキャデラック純正のダークチェリーレッドをベースに

赤のクリアと7色ラメを吹き付けた特別カラーです。

IMGP8646

▲竜之介さん
94年/中期型/パッションッレッド/埼玉/GTOクラブ関東
このワンオフバンパーは、細かい指定をせずKAZEにおまかせしたらこのデザインになったそうです。
特徴的なので、すぐに覚えられますね竜之介さんのGTO。それに人気なんです。
年数経ちますが、ずっとこの形を綺麗にキープされていますね。以前、当て逃げされてしまったとかで
KAZEの工場に入っているのをお見かけしました。でも復活していてよかった!

IMGP8647

▲HIROSEさん
94年/初期型/ブラック/大阪/個人
フォグランプが良い形で配置されています。よく見たらプロジェクタータイプが
並んでいるんですね。これは参考になります。フロントウインカーのブラックアウトも
かっこいい!この車も純正形状を大切にされているようですが、ちょこっと細部を変えただけで
こんなにかっこよくなるんですね。

IMGP8653

▲みーゆさん
93年/中期型/マリアナブルー/静岡/GALS&LADIES
ツインターボのマリアナブルーです。
以前はパッションレッドにお乗りだったそうで、オーナー様はまだお若いのですが
GTO乗りの中では中堅を通り越してもうベテランです。前夜祭から参加でして
その際に新人ドライバーのゆうくんにいろいろと優しく教えてくれていたみたいです。

IMGP8654

▲おのころさん
92年/初期型/パッションレッド/兵庫/G-TEC
初期型パッションレッドのおのころさんです。
解散後に舘山寺のうなぎ屋さんまでプチツーリングをしましたが
目立っておりました。純正ミラーの穴埋め、ライトカバーのゴールドのステッカー
モール類、などなど細かいところも後付感がなく、センスよく取り付けられています。
初期型ですが綺麗に維持されています。良く見たらKAZEミラーにラメ入ってます。

IMGP8658

▲天使さん
98年/最終型/レッド×ブラック/東京/見学
ツートンカラーの天使さんGTOです。
よく見ると純正の最終バンパーと微妙に違っています。(リップはついていますが)
これは良いなぁ。ガルウイングで4本縦出しのマフラーです。

IMGP8663

▲Mr.Blondeさん
92年/初期型/トスカナブラック/兵庫/個人
初期型トスカナブラックです。ホイール以外はノーマルです。
去年も参加で、なんとそのときはペーパードライバーだったそうですが
一年経過した現在は「ペーが取れてパードライバーくらいにはなったんじゃないかな」
と仰っていました。前夜祭からの参加で色々と世話を焼いて頂きました。ありがとうございました。
そして当日は総合司会を務めました。

IMGP8669

▲ゆうさん
96年/中期型/パッションレッド/栃木/個人
期待と不安の新人ことゆうGTOです。
免許取得前の17歳でGTOを購入しました。晴れて免許取得後、
GTOライフを満喫しています。若葉マークが貼り付けてあります。
今回は栃木から12時間かけて来ました。

IMGP8672

▲そらっちさん
91年/初期型/パッションレッド/岩手/個人
たぶん、今回、参加者の中で一番の遠方からお越しです。
岩手からです。実は海老名SAで休憩中のところを見ました。
本当に遠くから来て頂けて嬉しいなぁ。お疲れ様です。
ボメックスのフロントバンパーに赤のスーパーアドバンホイールです。

IMGP8675

▲わっしーさん
91年/初期型/パッションレッド×カーボンパネル多数/東京/個人
サーキットを走る為のわっしーさんGTOです。
無駄なものを一切省き、極限まで軽量化されています。
これこそ戦闘機ですね。カーボンドアをまた新調されたみたいです。

IMGP8679

▲魔王あんこぉ~んさん
96年/中期/ピレネーブラック/静岡/GTOクラブ静岡
魔王あんこぉ~んさんは中期の黒です。このカーボンボンネットはエアインテークの
位置と形がかっこいいですね。これはいいなぁ黒い車体ともベストマッチです。
スマートなのですが、とても迫力があります。

IMGP8681

▲義経さん
94年/中期/ブラック/埼玉/個人
去年のGPへ向かう途中、大型車に追突されて先代GTOは再起不能に。
事直後故の画像を見せてもらいましたが、もし軽自動車だったら死んでいたと思います。
本当にGTOを大事にされている方なので悲しい思いをしたと思うのですが
無事でよかった。そして、ご覧の通りまた大好きな黒で
最終ナイトライダー仕様で復活しました。復活と一言に言えばたやすいですが
相当な苦労があったと思います。

IMGP8683

▲RYOさん
98年/後期型/ピレネーブラック/大阪/G-TEC
GTOオーナーズ新連合G-TEC、大阪のRYOさんです!白ボンネットだったのですが
今年は黒になっての参加です。これも地を這うようなワイド&ローでかっこいい黒!
このRYOさん号もじっくり拝見しまして、参考になる一台であります。

IMGP8698

▲たきすみさん
99年/ハミルトンシルバー/茨城/GALS&LADIES
那樹さんから紹介してもらいました。新しく加わった女性ドライバー、たきすみさんであります。
車体番号を伺いましたら、まさに生産終了間際に出荷された最後の最後のモデルだったのです。

細分化すると「最終後期」となります。
最終後期は参加車両の中でたきすみさんのこの一台だけです。MR。

IMGP8703

▲ナガサカさん
92年/初期型/シルバー/愛知/Z1516CLUB
初期型ナガサカさんの初期型です。せっかくなのでたきすみさんのGTOと
並べて載せました。この構図が好きです。カラーはおそらく
グレースシルバーかジェンティユシルバーなのですがどちらかな。
こうして並べると、どちらも良いですね。GTOのシルバーはぜんぶで4色あります。
どっちもなんと美しいシルエットでしょうか。

IMGP8782

浜名湖畔、舘山寺の観覧車です。

帰りは夜9時に出発。名古屋から中央道-長野道-上信越道-関越道-北関東道-東北道

と経由して朝7時に到着しました。往復で1000キロ走りました。

 

※正確な型式について、初年度登録(年式)ではなく、車体番号を参照する必要があります。

ここに記した型式はあくまで目安としてご覧下さい。

 

この記事は後日、加筆、訂正をする場合があります。

2011年10月17日 訂正

 2011年11月23日加筆

 

以上

コメント

コメントを投稿