« 最後の真珠湾証言 | メイン | 原田要さんの話(2)南京攻略とパネー号事件 »

2015年6月 4日 (木)

原田要さんの話(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない

ホーカー ハリケーン(Hawker Hurricane)

 
今月は元ゼロ戦搭乗員で空母「蒼龍」に乗組み、真珠湾作戦に
参加した原田要さん(98)に
個人的にインタビューする機会に恵まれました。
4年ほど前から出版社宛に何度か手紙を書いて打診はしていたのですが
縁あって念願が叶いました。
 

原田さんは著書を読んだ内容から想像していた通り、とてもお優しい方で
またユーモアもあり素晴らしいお人柄の方でした。
 
原田さんに伺った内容を何回かに分けて書くことにします。
ゼロ戦での本格的空戦の回想に入る前に、原田さんの平和に対する

願いを是非とも書いておかねばなりません。
 
以下、原田さんのお話 
 
今年は戦後70年でね、
私のスケジュールを見たら6月、7月と取材が随分入っているんです。
8月に入ると今度は放送ということですけれども
 
◆忘れようとした戦争の記憶 
戦争の話は、嫌なんですけれども、
それまで私は忘れようと思って忘れよう、忘れよう、としてたもんですから
なるべく人には喋らなかったんです。
 
1991年の湾岸戦争で、あのとき若い人たちが、テレビでミサイルを
打ち上げるのを見て、
面白いだとか、花火のようだとか、ゲームみたいだと
感想を言っているのを知って、私は「これはえらいことになるんではないか」と

感じて、戦争だけは絶対に駄目なんだと、戦争で経験したことを話すように
なりました。
 
我々が子供の頃はロシアという大きな国と戦って辛くも勝ちはしましたけれども
それを毎日、従軍した年寄りから聞いていたから、まるで「戦は男の働き場所」
のように受け取っちゃったんです。
 
あのころは日本の男子は20歳になったら兵役という義務があったから
そんならいっそのこと、17歳で志願で軍隊に行ってしまってずっと軍隊で
使ってもらって、
もし戦争でもあったら真っ先に飛んで行って自分の命を捧げると、
簡単にいうと、子供の頃はそういう気持ちでした。
 
◆国に尽くした誇りと表裏一体の罪悪感
私の海軍での生活は12年と8ヶ月、滞空時間は8,000時間です。※1
子供の命から12年8ヶ月も「お国の為に私の命を使って下さい」という気持ちで
私利私欲を捨てて働いた期間です。だから自分とすればこれ程までにお国の為に
一生を捧げた人間はいないというプライドと自信と誇りを持っています。
 
私は純粋にお国に尽くしたいつもりで一生懸命にやったんだけれども
それが裏側では恐ろしい殺人ロボットになってしまっていたんです。
これを、そういう風にさせるのが戦争なんだと。中には私が自分の戦ったことを
誇らしげに喋ってると、誤解する人も
必ず世の中には居ますけれども、そういう
人はそういう人でいいと
思っています。
 
8,000時間※1という滞空記録でゼロ戦のコックピットから戦争の実態というものを
ずっと見て来て、また後輩の指導をする為に飛んで、これも戦争の一部ですから
敵のパイロットを盛んに殺めた。何の恨みも無い、同じ人間ですよ。どちらかが
命を落とさなければならないのが戦争。本当に恥ずかしいことです。
そんな多くの人を殺してきた私が、今こんなに幸せでいいのか罪悪の
気持ちでいっぱいです。
 
だから戦争ほど罪深いものはない。戦争というのは絶対にいけない。
何が何でも避けなければならないんです。
勝った方も負けた方も不幸になる。
これを喋り通して一生を終ろうと決めたわけです。
 
◆南京攻略戦から真珠湾~ミッドウェイ~ガダルカナル
私は昭和12年の南京攻略に九六式艦戦で初陣して、その後は零戦で真珠湾、
コロンボ、ミッドウェイ、ガダルカナル、終戦まで内地で飛んでいました。
その中で4回、もうだめだと思ったことがあります。教官もやっておりましたから
海軍の飛行機はほとんど乗りました。雷電や紫電改、
大きな九六陸攻にも
乗ったことがありますよ。でも零戦の二一型が一番いいですね。
紫電改?いや、だめだめ(笑)零戦のね、二一型が一番良い。佐伯で
はじめて零戦と対面して、なんと美しい、性能も抜群で
素晴らしい飛行機だと私は瞬く間に恋をしたわけです。
 
さきほども申し上げました通り、私は12年8か月、軍隊に身を捧げてきました。 
ところが、それだけの期間、戦って相手が「もうやめてくれ、助けてくれ」と
逃げてくのを追いかけて、いや、俺がお前をやらなければ俺がやられてしまうんだ
ということで、何人の敵を、尊い命を殺めたかわかりません。
 
◆撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
グラマンがね、だいたい600キロ近いスピードで逃げる。
それを追いかけてこっちが550キロ。
580を超せば自分の飛行機が空中分解する恐れがあるから
この7ミリ7で頭を押さえて敵機を蛇行させる。
(敵機は弾を回避しようと旋回を繰り返すので、まっすぐ飛べない)
20ミリと7ミリ7では200メートルで一点に合うように調整してある。
ところが200メートルもむこうの照準をしたのでは
なかなか当たらないんです。
 
いよいよ20ミリを撃つ時は60発と、
ちょっとだけで終わっちゃうから。
100メーター以下になったときに照準器がいらないくらい近付いて行って
そうすると60発でも10発くらいバババッと撃つとね
相手がダーンと(撃破され失速する仕草)それをね、今度は避けるでしょ。
カツカツなんですよ。まごつけばぶつかっちゃうから。
 
ところがね、5メーター、10メーターまで寄って撃墜した敵を避ける。
相手が苦しそうな顔をして、うらめしそうな顔をして見るんです。
その顔がね、いまだに頭の中に残ってる。
 
で、中にはね、私に張り付かれて撃たれそうになると
「勘弁してくれや、命だけは助けてくれ、撃たんでくれや」って、
そういう哀願する姿も
見えるんですよ。でもそんなこといったってこっちが
撃たなければやられちゃんんだから、
自分で人殺ししたいんじゃないんだけれど
あのパイロットの顔は、もうずっと忘れられないですね。
 
※1、実際は2000時間くらいとの説が有力
 
-----つづく-----
 

記事の内容が参考になりましたらクリックをお願いします!
読者の方々のクリックによって当サイトは維持されています

 
戦史 ブログランキングへ

  
証言者プロフィール
原田 要(はらだ かなめ)
長野県出身、大正5年8月11日生まれ(98歳)
昭和8年、17歳で海軍を志願し横須賀海兵団へ水兵として
入団。駆逐艦「潮」乗り組み。憧れだったパイロットを志すも父の反対で
一度はその道を諦めたが、空母「鳳翔」で
飛行機に関わることのできる
兵器員を務める。その後今度は
反対を押し切り操縦練習生(操練)35期の
試験に合格。訓練ののち、
主席で卒業、
 
昭和12年の支那事変勃発後は
第十二航空隊で中支戦線(揚子江と黄河に
挟まれた戦域)に出動。
南京攻略作戦で初陣。九五式艦上戦闘機で
攻撃隊の援護および
南京城壁の爆撃を敢行。内地へ帰還した後、
佐伯航空隊で零式艦上戦闘機(ゼロ戦)をはじめて目の当たりにし
その美しさと性能に心から惚れ込んだ。
 
昭和16年、空母「蒼龍」乗り組みとなり、佐伯から択捉島単冠を経てハワイ
真珠湾攻撃へ参加。
翌17年6月のミッドウェイ海戦では直掩隊として機動
部隊の護衛任務につき米雷撃隊と交戦。
蒼龍沈没後は「飛龍」に着艦し
飛龍搭載の零戦に乗り換え
再び発進した。機動部隊の壊滅により着艦が
不可能となり海上へ不時着。
自決を決意するも、拳銃を飛龍発艦時に置き
忘れたためこれを果たせず
4時間漂流の末運よく駆逐艦「巻雲」に救助される。
このとき、飛龍に接舷した
巻雲艦上で山口多門少将と加来止男艦長の
最期を目撃している。
 
内地へ帰還しおよそ一ヶ月の軟禁生活ののち空母「飛鷹」乗り組みとなり
同年10月、ガダルカナル島上空でグラマン機と空戦。双方真正面からの
打ち合いで相撃ちとなり
ジャングルへ不時着、瀕死の重傷を負うも自力で
友軍陣地へ辿り着き、命を繋いだ。内地への帰還を待つ間マラリアに感染し
また多くの陸軍
兵士の死と直面する。
 
重傷の後遺症も癒えぬまま、霞ヶ浦航空隊で教官を命じられる。この間、
関行男大尉の教官も務めた。その後は
「秋水」の教官として千歳海軍航空隊へ
赴き搭乗員要請にあたる。
海軍中尉として終戦を迎える。
 
同期には片翼帰還で有名な樫村寛一、
後輩に坂井三郎、西澤廣義、岩本徹三などが居る。

※岩本徹三、海軍では先輩であったが操練では岩本が34期にあたる。
坂井三郎は三期後輩で原田と同い年であった。
 
※参考画像は英イギリス空軍戦闘機「ホーカーハリケーン」原田氏はコロンボ上空の空戦で
この機体と戦った。
 
------------------------

原田要さんの話(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
原田要さんの話(2)南京攻略とパネー号事件
原田要さんの話(3)真珠湾攻撃と亡き戦友の思い出
原田要さんの話(4)赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、飛龍への着艦
原田要さんの話(5)零戦、紫電改、様々な飛行機に乗ってみて
原田要さんの話(6)関行男大尉の教官を務める
原田要さんの話(7)元ゼロ戦パイロットとして平和の大切さを訴え続ける

 

関連記事
ある特攻隊員と少年の実話「少尉と隼」
富安俊助大尉とエンタープライズ~永遠の0のモデルの一人
指宿正信大尉、最後まで空に生きた武人「最後のベイルアウト」
私は敷島隊の五機を整備した~中野整備兵
赤松貞明中尉、戦後の活躍
岩本徹三の戦後
篠原弘道准尉~ホロンバイルの荒鷲

 
海軍パイロットデータベース
あ行 赤松貞明板谷茂指宿正信岩城芳雄岩本徹三江馬友一尾崎伸也
か行 黒川昌輝
さ行 重松康弘新郷英城杉田庄一
た行 玉井浅一田中民穂粒針靖弘富安俊助
な行 中島又雄長嶺公元永元俊幸
は行 羽生十一郎
ま行
や行 山下小四郎輪島由雄
 
陸軍パイロットデータベース
篠原弘道

◆◆◆

零戦雷電震電

Photo_13

烈風(改)戦闘機紫電改


記事の内容が参考になりましたらクリックをお願いします!
読者の方々のクリックによって当サイトは維持されています

 
戦史 ブログランキングへ

コメント

先日、テレビのニュース番組で拝見しました。
自分が撃ち落とした飛行機のパイロットにも、家族がおり、愛する人たちがいるのだろうと推量しだしたら、もうたまらない気持になるとお話されていました。

日本兵士がなくなるときには母を呼ぶように、敵の兵士もまた母を呼んだことでしょう。
もう二度とわが子を戦地に送り出すことがない世の中であってほしいと切に、切に、願います。

コメントを投稿



篠原 直人 Profile
このサイトについて
よくある質問
コメントをくださる方へお願い
当サイト掲載画像の提供について





戦史 ブログランキングへ
▲記事が役に立ちましたらクリックをお願いします。
当サイトは皆様のクリックで成り立っています。

【蒼穹の戦士】
ある特攻隊員と少年の実話~黎明の蛍
パラオの零戦/誇り高きサムライ~吉田久光上飛兵
ご遺族と共に最後に飛び立ったペリリュー飛行場へ
パラオの彗星/墜落現場へ~永元俊幸大尉
ガドブス島探索~第263海軍航空隊(豹)のエースたち
帝国海軍から航空自衛隊へ~指宿正信大尉の見た空
敷島隊の五機とロケット戦闘機「秋水」
富安俊助中尉とエンタープライズ
岩本徹三中尉の戦後
赤松貞明中尉の戦後
篠原弘道准尉 ホロンバイルの荒鷲
零戦の雑学 21型から52型 64型まで
われら雷電戦闘機隊
幻の怪鳥「烈風」改
紫電改と343空 第343海軍航空隊全搭乗員リスト
江草隆繁少佐の九九式艦上爆撃機
一式陸攻の見学
さらば!空中戦艦「富嶽」
1/144航空母艦「飛龍」大ミッドウェイジオラマを作ろう
YS-11宇都宮への定期飛行スケジュール
青木義博中尉(稲妻の雷電)
彩雲パイロット杉野さんのお話
飛燕戦闘機隊々歌完成
雷電 伊藤進中尉機
彗星と航空戦艦日向
西開地重徳少尉の故郷とご遺族を訪ねる
真珠湾攻撃隊零戦隊マーキング
マリアナ沖海戦航空母艦一覧
海上自衛隊もうひとつの黎明期 技術士官編
「彗星」小松幸男飛曹長機
赤城(ミッドウェイ作戦時艤装)
ゼロ戦(零戦)21型と52型の違い


【原田要さんの話】
(1)撃墜した敵パイロットの顔が忘れられない
(2)南京攻略戦掩護とパネー号爆撃事件
(3)真珠湾攻撃と亡き戦友の思い出
(4)赤城、加賀、翔鶴、瑞鶴、飛龍への着艦
(5)零戦、紫電改、様々な飛行機に乗って
(6)関行男大尉の教官を務める
(7)元ゼロ戦パイロットとして平和の大切さを訴え続ける

【紫電改パイロット笠井智一さんのお話】
零戦と中部太平洋戦線
紫電改と第343海軍航空隊

【「翔鶴」「隼鷹」零戦隊パイロット増山保雄さんのお話】
航空母艦への着艦・発艦方法を語る(動画)

【一式陸攻搭乗員天野さんのお話】
(1)一式陸攻のイロハ(クルーの役割)
(2)東京初空襲とミッドウェイ海戦
(3)ソロモン海戦水面スレスレでの雷撃敢行

【飛燕パイロット竹田五郎さんのお話】
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(1)
高度1万メートル「飛燕」「五式戦」B-29との空戦(2)

【中島又雄さんのお話し】
零戦52型丙 B-29との戦い

【池田武邦さんのお話し】
新鋭巡洋艦「矢矧」航海士が見たマリアナ、レイテの回想


【ペリリュー島第二連隊生還者 永井敬司さんのお話】
ペリリュー島のラストサムライ

【日本の戦跡一覧】
旧海軍大湊通信隊稚内分遣隊幕別送信所(稚内市)
猿払電話中継所跡(遥かなる樺太・真岡)
八甲田山・雪中行軍隊の足跡を辿る
四式戦闘機「疾風」地下工場その2
カッパドキアより凄い!採石場跡は世界最大級の巨大地下空間
疾風地下工場(大谷資料館)外観とその周辺
洞窟戦車工場(那須烏山市)
「桜花」カタパルト基地
航空自衛隊浜松基地広報館(エアパーク)
三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所史料室の見学
戦艦大和ドックは健在(歴史の見える丘)
からすこじま公園
大和ミュージアム
てつのくじら館  柱島・周防大島の戦艦陸奥記念館
人間魚雷「回天基地」大津島
楢本神社
小島・芸予要塞
松山第343海軍航空隊
佐田要塞・未机湾(真珠湾九軍神の碑) 
南レク「紫電改」
宿毛湾・宿毛泊地
高知航空隊
三魂之塔(彩雲)
大刀洗平和記念館
ペリリュー島守備隊長中川大佐の墓所 大分飛行場跡(宇垣特攻の地)
宇佐海軍航空隊(永遠のゼロ) 
佐世保鎮守府
SSKドック(旧佐世保海軍工廠
セイルタワー
大村海軍航空隊
海軍針尾通信所(巨大通信塔)
三菱重工長崎造船所(戦艦武蔵ドック)
万世特攻記念館
海上自衛隊鹿屋資料館(海軍特攻資料館)
鹿児島空港(陸軍国分第二飛行場)
四式戦闘機「疾風」と中島飛行機宇都宮製作所
神雷部隊「桜花」別杯の地

【四方山話】
富士山の空撮
人形供養のお焚き上げへ行ったら・・・
故人の人権は誰のものか?
バブル遺産巡り
自衛隊お見合いパーティー2015
吹上浜での拉致の一部始終を普通に話す人
東京オートサロン2015ガールズ
リバティウォークのランボルギーニ(ゼロ戦仕様)
宇都宮ヘリコプターアクロバットチーム「ブルーホーネット
エヴァンゲリオン新幹線500系見学
フライング・ダイナソー搭乗
みかんを知ろう
憧れの樺太
扇風機を改造してみた
アメリカ軍の騒音対策を真似してみた
航空幕僚副長を表敬
いろは坂の深夜
ガルパン(大洗)こんな凄い町おこし見たことない!
西住みほコスプレ撮影
ネットアイドルの杏樹ちゃん撮影
興津の海と鵜原八坂神社
20XX年 応急夜戦滑走路
1/48 B-29完成


【Tシャツ製作記録】
ゼロ戦Tシャツ
伊400と晴嵐Tシャツ
紫電改Tシャツ
三式戦「飛燕」Tシャツ
10式戦車とIV号戦車Tシャツ新発売

【フリー素材・写真/イラスト集】
零戦(ゼロ戦)フリー素材・画像・アイコン
10式戦車 90式戦車 74式戦車 フリー
IV号戦車 フリー素材画像
航空自衛隊 F-2 戦闘機 フリー
戦艦大和・武蔵
伊400
飛龍
ゼロ戦の形式一覧
艦上爆撃機「彗星」形式
満州鉄道伊ロゴ作成
中島飛行機ロゴ作成
ステンシルフォントの作成(漢字・和文)


パラオ全図島
■パラオ全図(各島詳細)