2021年6月13日 (日)

三式戦「飛燕」飛行第56戦隊 古川治良少佐機

三式戦「飛燕」飛行第56戦隊 古川治良少佐機

昭和19年末、飛行第244戦隊戦隊長だった古川治良少佐は、阪神中京地区の
防空を担う飛行第56戦隊に転任。(後任に小林照彦少佐)
 
翌20年3月より正式発足した飛行第56戦隊は三式戦闘機を揃えた。
大戦当初のビルマ・マレー半島の航空戦からの生き残りである超老練の
古川治良少佐を戦隊長に、緒方醇一大尉を飛行隊長を任命。伊丹飛行場にて
編成完結したが、前述の二名を除き、空勤者は錬成不足の者がほとんどであり、
三式戦の稼働率も決して良好と呼べるものではなかった。
 
同年3月14日未明、大阪空襲の折には伊丹飛行場一帯は雨天に伴う霧に
見舞われ、無風状態、視界不良で、伊丹猪名川湖畔に下降気流もあり、
離陸が極めて困難な状況下、飛行師団より邀撃命令を受ける。
離陸失敗・墜落戦死が相次ぎ、伊丹飛行場は使用不可となる。
夜間照明設備は極めて貧弱でカンテラを並べて凌ぐ状況であった。
この間、大阪の市街地から上がる紅蓮の炎と黒煙に離陸できない
空勤者は皆、涙した。
 
同年3月27日の邀撃戦では緒方飛行隊長がB-29に体当たり。
B-29は摩耶山山頂付近へ墜落した。緒戦ビルマ以来の老練緒方飛行隊長は戦死。
緒方飛行隊長、戦死時のスコアはB-29撃墜3機、撃破5機であった。同年5月には
最新鋭機である三式戦二型が配備となり、終戦まで阪神中京地区の防空を続けた。

2021年6月 8日 (火)

『戦鳥』クラウドファンディング第二弾進捗

F14

たまにテイストの違う創作作品を!【架空】新制日本海軍 F-14洋上迷彩。
 
さて、画像とは無関係ですが、
『戦鳥』クラウドファンディング第二弾、着々と準備を進めております。
前回より魅力的なゲラを掲載できるようレイアウトとイラストの大幅変更を
実施中です。7月~9月の三か月の募集期間を設け、特典も前回より細分化します。
発売は12月、いずれも予定ですが、進めております。
 
引き続き、ご支援を何卒、よろしくお願いいたします。

2021年6月 4日 (金)

飛行第29戦隊 四式戦闘機「疾風」台湾邀撃

90274922_p0_master1200

マクラーレンMP4/4(地上の戦闘機シリーズ)

90310854_p0_master1200

1988年、ポルシェからホンダエンジンに換装したマクラーレンの一年目。
当時はターボエンジンが認められており、パワーユニットは1500ccV6。
セナ・プロで16戦15勝でチームとしてのシーズン最多優勝記録を樹立。
タイトルはアイルトン・セナが獲得。

旧航空産業の末裔 / 三菱重工篇 三菱GTO ステルス

90277918_p0_master1200

三菱GTOは一式陸攻と同じ大江工場で生産された。
OEM生産分として左ハンドルのダッジブランド、
ダッジステルスも同じラインで
製造され、北米へ輸出された。

除湿器買おうか迷い中

90220280_p0
漫画:桜井あやの

旧航空産業の末裔 / 中島飛行機篇 WRX-STI

WRX-STI

パラオ・ロックアイライランド内の零戦五二型甲

パラオ・ロックアイライランド内の零戦五二型甲

パラオ・ロックアイライランド内の零戦五二型甲

せめてイラストで復元してもう一度空を飛ばしてあげたい。

「泰山」陸上攻撃機(一式陸攻の後継予定機)

「泰山」陸上攻撃機

十六試陸上攻撃機「泰山」(たいざん)は、一式陸上攻撃機の後継機として
昭和16年初めに海軍が三菱に開発を指示した陸上攻撃機。略符号はG7M。
海軍側が提示した要求原案は、一式陸攻の1.4倍の速度、2.4倍の航続距離を
持ちながら同等の搭載量と武装強化、さらに急降下爆撃能力を求める過酷な
ものであった。
 
描いてる途中にレイアウト変えたくて反転したら
ピトー管と翼端灯の位置が逆になってしまいました。
直しときます。

サンテグジュペリ最後の飛行

サンテグジュペリ 飛行機

サンテグジェペリの乗機、P-38の偵察機型F5-B。
白い機体には自由フランス軍のラウンデル(識別表)
 
サンテグジェペリは1944年5月、ドイツ占領下のフランス偵察のため
連合国となったイタリア・ボルゴ(ボローニャ)飛行場を離陸。
地中海上で消息を絶つ。
連合軍によるフランス・パリ解放まであと3ヵ月のところであった。